TOPユーザー登録検索登録リコール情報お問い合わせ

検索
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 
広告

ヘッドライン


クルマ -- 日経テクノロジーオンライン
  最終更新日 2017-11-22 0:16:05
要旨 ハイブリッド車や電気自動車、自動運転、車載ネットワークなど、自動車に関連する最新技術動向
ウェブマスター
カテゴリ
作成
言語 ja
[PR] Xilinx社のMPSoC ZCU102 評価キットをイーソルのRTOSプラットフォームがサポート
公開:
VW、2022年までに340億ユーロを投資、電動化や自動運転に
公開:
要旨: ドイツVolkswagenグループは2017年11月17日、2025年までの成長戦略を実行するため、2022年末までに340億ユーロを投資すると発表した。主に、電動化、自動運転、新しいモビリティサービス、デジタル化の分野に充てられる。この投資により、将来の利益を生む基盤を整えるという。
「トクサイ」を正しく判断しているか
公開:
要旨:  世間を騒がせている神戸製鋼所の品質データの偽装報道で、「特採(トクサイ)」という言葉が出てきたので驚いた。この企業で特採がどのように扱われていたかはともかく、私は新聞記事でこの言葉を目にしたのは初めてだ。読者の多くも同様ではないだろうか。ものづくりの現場で仕事をしていたころのことが思い浮かんだ。今回は、この「特採」を取り上げる
ダイハツの3Dプリンター技術、型材料の砂の成分との戦い
公開:
要旨: ダイハツ工業は3Dプリンターで砂の型を造り、その型で試作部品を作る取り組みを進めている。今回、従来のアルミ部品だけでなく、エンジンなど鉄部品の試作も可能にした。その要になったのが、砂である。天然の砂から人口の砂に変えるなどして実用化した。
ブロックチェーンはネットがもたらす「第3の民主化革命」
公開:
要旨: IT技術の一種であるブロックチェーンは、電気・電子産業に新市場をもたらす可能性がある。そこで今回のテクノ大喜利は、電気・電子、機械産業へのブロックチェーンの波及効果を多角的に議論し、その応用や展開の方向性を見通す糸口をつかむことを目的とした。
[PR] 【画像処理のKIT】可視化で人間活用
公開:
日産会見で感じた、管理者と現場の「壁」 現実と法基準の「ギャップ」
公開:
要旨: 日産自動車は、国の規定に反して無資格の従業員が完成車の検査に関わっていた問題で、実態の調査結果や再発防止策をまとめた報告書を国土交通省に提出した。
三菱ふそうが118億円を投資、川崎工場の機能を強化
公開:
要旨: ドイツDaimler社傘下の三菱ふそうトラック・バスは2017年11月15日、同社の川崎工場の研究開発機能を強化するために118億円を投資すると発表した。投資するのは同工場第一敷地。本社機能に加えて研究開発の役目を担う「プロダクト・センター」を2018年末までに建設する計画だ。
日立とホンダ、中国で2020年度からEV用モーターを量産へ
公開:
要旨: 日立オートモティブ電動機システムズは2017年11月20日、電動車両用モーターの製造・販売会社を中国広州市で11月17日に設立したと発表した。広州市の「増城経済技術開発区」内に工場を建設し、2020年度の量産開始を目指す。
テスラが次期型スポーツEVを披露、2020年に発売か
公開:
要旨: 米Tesla社は2017年11月16日(米国現地時間)、スポーツタイプの電気自動車(EV)「ロードスター」の次期型モデルを披露した。2ドアで最大4人乗り。1充電あたりの航続可能距離は620マイル(約1000km)を実現する。2020年の発売を目指して量産体制を整える。
広告

TOPユーザー登録検索登録リコール情報お問い合わせ

Copyright(c) 1999-2012 CAR SEARCH ENGINE All Rights Reserved.