TOPユーザー登録検索登録リコール情報お問い合わせ

検索
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 
広告

ヘッドライン


クルマ -- 日経テクノロジーオンライン
  最終更新日 2017-5-29 7:12:10
要旨 ハイブリッド車や電気自動車、自動運転、車載ネットワークなど、自動車に関連する最新技術動向
ウェブマスター
カテゴリ
作成
言語 ja
パワー半導体の国際会議、アジアに勢い
公開:
要旨:  パワー半導体に関する国際会議「The 29th International Symposium on Power Semiconductor Devices & ICs(ISPSD) 2017」(主催:電気学会、会期:2017年5月28〜6月1日)が、北海道札幌市で開幕した。
ルネサス、長城汽車とEV/自動運転向け半導体で提携
公開:
要旨: ルネサス エレクトロニクスとSUV/トラックを主力製品にする中国の自動車メーカー「中国長城汽車股份有限公司」は、中国における電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)といった新エネルギー車および自動運転車などに向けた車載用半導体技術およびソリューションの共同開発に関する戦略的協業を発表した。河北省保定市で行われた調印式には、ルネサスの呉 文精氏(代表取締役社長兼CEO)や長城汽車の魏 建軍氏(董事長)らが出席した。
TDK、レーザーヘッドライトの効率を高められる水晶
公開:
要旨:  TDKは、レーザー光のエネルギー効率を高められるという人工水晶を「人とくるまのテクノロジー展2017」(パシフィコ横浜、2017年5月24〜26日)で展示した。数百mといった遠方まで照射できるレーザーヘッドライトへ応用可能なことをアピールしていた。
コンチネンタル、有機EL曲面パネル搭載コンソールを量産へ
公開:
要旨:  コンチネンタル・オートモーティブは、有機ELを使った曲面形状のセンターコンソールパネルを「人とくるまのテクノロジー展2017」(パシフィコ横浜、2017年5月24〜26日)で展示した。量産車への搭載に向けた開発を2018年をめどに始める。
アルミとPPの直接接合でエアコングリル、三菱ケミカル
公開:
要旨:  三菱ケミカルホールディングスは、異種材料接着を使ったエアコンのグリル部品(以下、エアコングリル)を「人とくるまのテクノロジー展2017」(2017年5月24〜26日、会場はパシフィコ横浜)に出展した(図)。同社が開発した、接着機能を備えた金属板「ヒシメタルEX」を採用。
LiDARもウォッシャー液で洗浄
公開:
要旨:  ヴァレオジャパンは、カバーに付いた汚れを洗浄する機構を備えたLiDARを「人とくるまのテクノロジー展2017」(パシフィコ横浜、2017年5月24〜26日)で展示した。
中国、EV用二次電池などの外資規制をまもなく撤廃
公開:
要旨: 中国はカーエレクトロニクス、新エネルギー車用二次電池、オートバイに関する外資系への規制を緩和すると決めた。2017年5月25日に中国商務部が開いた記者会見で、「カーエレクトロニクス、自動車用駆動電池、オートバイなどに関する外資系企業の出資規制や禁止要項を撤廃する」と明らかにした。
住民巻き込み自動運転車を開発、公道テストで首位走るグーグル系企業
公開:
要旨:  自動運転の公道テスト。利用者を巻き込んだ調査。サービスの実証実験――。自動運転の実現に向けて、着実に歩を進める注目すべき会社がある。自動運転車の開発を手掛ける米グーグル系のウェイモだ。
付加価値の追求の「手段」としてAIを活用できれば勝機あり
公開:
要旨:  AI時代の製造業、特に日本の強みについて議論する今回のテクノ大喜利。5番目の回答者は、IHSテクノロジーの大山 聡氏である。同氏は、ものづくり企業がAIシステムの活用自体を目的化することなく、まず留意すべきことは何かについて考察した。
モビリティーシステムの変革を国や自治体が後押し
公開:
要旨: 今回の連載では第8回までの数回にわたり、モビリティーサービス事業者の現状とエンドユーザーの受容性について考察してきた。今回は民間事業者の動きや個人のニーズを踏まえて、世界各国の政府や自治体が、自動運転や次世代モビリティーサービスの導入に対してどのような姿勢を取っているのかを見ていく。
広告

TOPユーザー登録検索登録リコール情報お問い合わせ

Copyright(c) 1999-2012 CAR SEARCH ENGINE All Rights Reserved.