TOPユーザー登録検索登録リコール情報お問い合わせ

検索
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 
広告

ヘッドライン


日産自動車ニュースルーム
  最終更新日 Mon, 29 May 2017 06:30:04 +0900
要旨 日産自動車の最新情報をお届けします。
ウェブマスター
カテゴリ
作成
言語 ja
2017年度日産ミスフェアレディ 新体制発表
カテゴリ ニュースリリース
公開:
要旨: 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は26日、日産グローバル本社ギャラリーで勤務する「日産ミスフェアレディ」に、2017年4月入社の新人8名を加え、総勢22名となる新体制を発表しました。  第52期 日産ミスフェアレディ <日産ミスフェアレディについて> 日産ミスフェアレディは、日産自動車が直営する「日産グローバル本社ギャラリー」で、商品やブランドの魅力をお客さまに直接お伝えする日産のPRスタッフです。 フレッシュになった新体制においても、これまで同様、日産ブランドのアンバサダーとして、おもてなしの心でギャラリーの各種ご案内やお客さまのライフスタイルにあわせたクルマのご提案、販売店のご紹介などを行っていきます。 日産ミスフェアレディは、ギャラリーにおけるPRスタッフの役割の他にも、国内のモーターショーや各種イベント会場でのナレーション、新型車発表会の司会や、報道関係の取材対応など、お客さまと日産を結ぶ架け橋として多岐にわたり活躍しています。<日産ギャラリーについて> 日産グローバル本社ギャラリーは、日産自動車のブランド発信拠点です。国内の最新モデルをはじめ、海外でのみ販売しているクルマの展示や、日産オリジナルグッズを販売する日産ブティック、お飲み物などを提供するGALLERY CAFEなども併設し、多くのお客さまにお楽しみいただいております。 さらに、新型車の情報や日産の企業情報をお客さまにご提供する他、さまざまなイベントの開催も行っています。 ●日産グローバル本社ギャラリー 神奈川県横浜市西区高島1-1-1          TEL 045-523-5555 営業時間  10:00〜20:00※ 提携駐車場「横浜三井ビルディング駐車場」をご利用ください。駐車料金割引の優待サービスがご利用いただけます。※ ご取材の際は、お手数ですが事前に日産自動車グローバルコミュニケーション本部までご一報ください。 *その他、詳細につきましては下記日産ギャラリーWEBサイトでご確認ください。 <日産ギャラリーWEBサイト> http://www.nissan.co.jp/GALLERY/以上  もっと...
「NV100クリッパー」を一部改良
カテゴリ ニュースリリース
公開:
要旨: 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川廣人)は24日、「NV100クリッパー」を一部改良し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。  NV100クリッパー DX GL エマージェンシーブレーキパッケージ(2WD) 「NV100クリッパー」は、優れた取り回し性と積載性能の高さ、使い勝手の良さなどが好評の軽商用バンです。さらに「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」や「踏み間違い防止アシスト」などの安全装備についても高い評価を頂いています。今回の一部改良では、5速オートギヤシフト(5AGS)全車に2速発進モードを標準装備し、オートギヤシフトの特長である低燃費と運転のしやすさに加え、空荷や軽積載時でのよりスムーズな発進と快適な乗り心地を実現しました。また、ノンターボ車のGXグレードでは、5AGSを4ATに変更しました。「NV100クリッパー」は、「環境対応車促進税制(エコカー減税)」による減税措置*により、自動車取得税及び自動車重量税が一部グレードで免税、または減税となります。「NV100クリッパー」は、スズキ株式会社からのOEM供給車です。<全国希望小売価格(消費税込み)>(単位:円) 駆動エンジンルーフ形状グレードミッション価格 2WDR06A標準ルーフDX5AGS1,073,520 ハイルーフDX5MT951,480 5AGS1,073,520 DXエマージェンシーブレーキパッケージ5AGS1,139,400 DX GLパッケージ5MT1,041,120 5AGS1,166,400 DX GLエマージェンシーブレーキパッケージ5AGS1,231,200☆掲載写真車種GX5MT1,127,520 4AT1,267,920 R06AターボハイルーフGXターボ4AT1,368,360 パートタイム4WDR06AハイルーフDX5MT1,081,080 5AGS1,205,280 DXエマージェンシーブレーキパッケージ5AGS1,271,160 DX GLパッケージ5MT1,170,720 5AGS1,296,000 DX GLエマージェンシーブレーキパッケージ5AGS1,361,880 GX5MT1,257,120 4AT1,397,520 フルタイム4WDR06AターボハイルーフGXターボ4AT1,497,960 *エコカー減税の詳細については、「『NV100クリッパー』エコカー減税サイト」をご参照ください。「NV100クリッパー」の詳細情報はこちらよりご覧ください。 WEBカタログ http://www.nissan.co.jp/NV100CLIPPER/ エコカー減税サイト http://www2.nissan.co.jp/EVENT/TAX/NV100CLIPPER/ Biz NISSAN サイト http://biz.nissan.co.jp/以上  もっと...
「セレナ」の特別仕様車、「Vセレクション」を発売
カテゴリ ニュースリリース
公開:
要旨: 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川廣人)は24日、「セレナ」に特別仕様車「X Vセレクション」、「ハイウェイスター Vセレクション」を設定し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。 セレナ ハイウェイスター Vセレクション(2WD)セレナ X Vセレクション(2WD) 昨年8月にフルモデルチェンジした「セレナ」は、室内の広さや使い勝手、快適性、さらに初搭載した同一車線自動運転技術「プロパイロット」などが好評を得ています。また、狭い駐車場でも荷物の出し入れが可能な「デュアルバックドア」や、両手がふさがっていてもスライドドアの下に足先を入れて引くだけで、ロック解除とスライドドアの開閉が可能な「ハンズフリーオートスライドドア」などの便利機能も高い評価を頂いています。今回発売する特別仕様車「Vセレクション」は、「X」、「ハイウェイスター」をベースに、使い勝手や快適性をさらに向上させる人気のアイテムを標準装備としながら、お求め易い価格設定としました。「X Vセレクション」は、「X」をベースに2列目シートの横スライドなどによる多彩なシートアレンジやパーソナルテーブルなど、同乗者の利便性を向上させる「快適パック*1」を標準装備としました。また、ステアリングでのオーディオ操作が可能なステアリングスイッチやGPSアンテナなどをセットにした「日産オリジナルナビ取付パッケージ*2」と、両側「ワンタッチオートスライドドア」も標準装備としています。「ハイウェイスター Vセレクション」は、「ハイウェイスター」をベースに「LEDヘッドランプ」や両側「ハンズフリーオートスライドドア」、「16インチタイヤ&アルミホイール(2WDのみ)」、「快適パック*1」、「日産オリジナルナビ取付パッケージ*2」を標準装備としました。 *1 「快適パック」: スーパーUVカット断熱グリーンガラス<フロントドア>、パーソナルテーブル<セカンド・サード左右>、カップホルダー12個、USB電源ソケット<セカンド・サード各2個>、セカンドシート 超ロングスライド+横スライド、サードスライドシート、シートバックフック8個、シートバックポケット<運転席・助手席>(スマートフォン・タブレット収納付) *2 「日産オリジナルナビ取付パッケージ」: ステアリングスイッチ(オーディオ)、6スピーカー、TVアンテナ、GPSアンテナ、リヤビューモニター用プリハーネス <全国希望小売価格(消費税込み)>(単位:円)駆動エンジンミッショングレード価格2WDMR20DD -SM24エクストロニックCVTX Vセレクション2,674,080ハイウェイスター Vセレクション2,934,3604WDMR20DD -SM24エクストロニックCVTX Vセレクション2,918,160ハイウェイスター Vセレクション3,194,640 「セレナ」の詳細情報はこちらよりご覧ください。 WEBカタログ http://www.nissan.co.jp/SERENA/  日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、セレナ「ライダー」、ならびに、「ステップタイプ」に、特別仕様車「 Vセレクション」を設定し、日産の販売会社を通じて5月24日より全国一斉に発売します。 セレナ 「ライダー Vセレクション」 2WDセレナ「ハイウェイスター Vセレクション」ステップタイプ 2WD <セレナ「ライダー Vセレクション」、「ライダー Vセレクション ブラックレザー」> 昨年8月にフルモデルチェンジしたセレナ「ライダー」は、「クラスを超えた存在感」という「ライダー」シリーズとしてのこだわりはそのままに、スマートさや先進性を付加し大幅に刷新したデザインなどが好評を得ています。今回発売する特別仕様車「ライダー Vセレクション」は、「ライダー」をベースに、先進安全機能と使い勝手や「ライダー」のスタイリッシュさをさらに向上させる人気のアイテムを標準装備としながら、魅力的な価格設定としました。 「LEDヘッドランプ」や運転席側の「ハンズフリーオートスライドドア」、「日産オリジナルナビ取付パッケージ*1」、「セーフティパックA*2」、「寒冷地仕様(4WDは標準)*3」、「オートデュアルエアコン」、「専用LEDフォグランプ(ホワイト)」、「専用テールフィニッシャー&専用マフラー」、フロントバンパーの「メタル調フィニッシュ」を標準装備しています。さらに、お客さまからのご要望の高い、黒本革シートを採用した「ライダー Vセレクション ブラックレザー」も今回、同時に設定しました。<セレナ「ステップタイプ」> セレナ「ステップタイプ」は、助手席へ乗降する方と助手席側スライドドアから後席へ乗降する方が、同時に使えるロングステップを採用しています。ステップイルミネーションを装備したことで、暗い場所でも安心して乗降ができることに加え、LEDのクリアな輝きによりスタイリッシュさも際立ちます。 今回、「ステップタイプ」をベース車として、使い勝手や快適性をさらに向上させる人気のアイテムを標準装備しながら、お求め易い価格設定とした「X Vセレクション」と、「ハイウェイスター Vセレクション」を追加しました。 *1 「日産オリジナルナビ取付パッケージ」: 6スピーカー、TVアンテナ、GPSアンテナ、リヤビューモニター用プリハーネス *2 「セーフティパックA」: SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム<前席>、踏み間違い衝突防止アシスト、インテリジェントパーキングアシスト、進入禁止標識検知、アラウンドビューモニター(MOD〔移動物 検知〕機能付)、ふらつき警報、フロント&バックソナー、ヒーター付ドアミラー、ステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、クルーズコントロール、オーディオ) *3 「寒冷地仕様」: ヒーターダクト<サード足元>、PTC素子ヒーター、高濃度不凍液 <全国希望小売価格(消費税込み)>●「ライダー Vセレクション」(単位:円) 車種駆動エンジンミッションベース車グレード価格 Rider Vセレクション2WDMR20DD-SM24エクストロニックCVTX3,335,040☆掲載写真車種4WD3,528,360Rider Vセレクションブラックレザー2WD3,534,8404WD3,728,160エクストロニックCVT:無段変速機  ●「ステップタイプ」(単位:円) 車種駆動エンジンミッションベース車グレード価格 ステップタイプ2WDMR20DD-SM24エクストロニックCVTX Vセレクション2,889,000 ハイウェイスターVセレクション3,149,280☆掲載写真車種エクストロニックCVT:無段変速機  以 上  もっと...
S Road CRAFTSPORTS GT-Rが終盤の接戦を戦い抜き4位入賞 着実な追い上げを見せたB-MAX NDDP GT-Rが3戦連続入賞
カテゴリ ニュースリリース
公開:
要旨: 5月21日 オートポリス (大分県)南の方から梅雨入りの便りも聞かれる中、日本列島が好天気に恵まれた5月21日(日)、SUPER GTのシリーズ第3戦・SUPER GT in KYUSHU 300kmレースが、大分県日田市の上津江地区にあるオートポリスで開催されました。  前日の公式予選日に比べると少し雲が多くなっていましたが、初夏の好天となりました。大盛況のピットウォークを終え、スタート進行を経て、予定通り午後2時には大分県警のパトカーと白バイを先頭とした1周のパレードラップがスタート。さらにもう1周、ペースカーに先導されてのフォーメーションラップを終えて午後2時07分に正式スタートが切られました。 2番グリッドからスタートした#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rは、ベテランの本山哲が前半のスティントを担当し、後半から若手の千代勝正につなぐ作戦でした。スタートでポジションをキープした本山でしたが、コンディションに合っていなかったかペースが上がらず、トップとの差はじわじわ拡がっていき、反対に後方から猛チャージを受ける展開となりました。アクシデント車両を回収するためにセーフティカーがコースインし、レースは一度リセットされ、再スタート後も何とかポジションをキープしていた本山でしたが20周目には2台に先行を許し4位にポジションダウンしてしまいました。しかし本山はそこで踏みとどまり、レースも折り返しを過ぎる36周目までルーティーンピットを引っ張り、トップに立ったところでピットに向かい、千代に交代しました。代わった千代は4位でレースを始め、その後、1台にパスされたものの、5〜6台による3位争いを展開して行きました。レース終盤に、トップ争いから1台がアクシデントでストップ。3位争いは2位争いへと変わっていきました。最後まで、前を行く車両をパスしようとトライを続けた千代でしたが、最大のパッシングポイントである1〜2コーナーで、アクシデントによる追い越し禁止を示すイエローフラッグが提示されており、パッシングは叶いませんでした。結局、5台が一団となってゴールラインを横切る接戦となり、千代は表彰台一歩手前の4位でチェッカーを受けることになりました。 11番グリッドからスタートした#23 MOTUL AUTECH GT-Rはロニー・クインタレッリから松田次生につなぐ作戦でした。前半のスティントを担当したクインタレッリは着実なペースで周回を重ね、上位陣では最後となる40周を終えたところでピットインして松田に交代します。代わった松田もペースを上げて追い上げて行きました。2位争いとなるグループのバトルに追いついた松田は、千代に次ぐ5位でチェッカー。3戦連続の入賞を果たしました。 9番グリッドからスタートした#12 カルソニック IMPUL GT-R(安田裕信/ヤン・マーデンボロー)と13番グリッドからスタートした#24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R(佐々木大樹/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)はなかなか思ったようにペースを上げることはできませんでしたが、粘り強く走り続けそれぞれ7位と9位でチェッカー。NISSAN GT-R NISMO GT500は出場した4台が揃って入賞しました。 一方、JAF-GT300勢にとって有利とされるオートポリスでの戦いで、中団グリッドからのスタートとなったNISSAN GT-R NISMO GT3勢。決勝レースはアクシデントも多くみられたタフな展開となりました。星野一樹から高星明誠につなぐ作戦の#3 B-MAX NDDP GT-Rは、予選17位から序盤に順位を上げて、後半はタイヤのたれに苦しみながらも9位でチェッカーを受け、開幕戦から3戦連続となる入賞を果たしています。■#46 GT-Rドライバー 本山 哲 「前が詰まった時からのピックアップが少し弱く、ロスしてしまったところもあるので、いい位置で千代にバトンを渡せなくて申し訳なかったです。しかし、クルマはかなり良くなってきたと言えます。また、レースの内容もいいところがたくさんあったし、単独で走っている時にはラップタイムも良かったので、チームはいい仕事をしてくれたと思います」■#46 GT-Rドライバー 千代勝正「最後の20周くらいずっとバトルをしていたのですが、100号車に前を抑えられていてフラストレーションが溜まりました。最終コーナー手前でイエローフラッグが出ていたり、その他にも1コーナーでワンチャンスを狙って仕掛けていったら、逆にそのあとで抜かれてしまったり、あと少しで表彰台に手が届いたと思うと本当に悔しいです。しかし、ここまで来られたことにまずは感謝したいと思います」 【GT500決勝 結果】 65LapsPosNoMachineDriverTime / Behind136au TOM'S LC500中嶋 一貴 / J.ロシター1:59'56.800217KEIHIN NSX-GT塚越 広大 / 小暮 卓史26.5923100RAYBRIG NSX-GT山本 尚貴 / 伊沢 拓也26.756446S Road CRAFTSPORTS GT-R本山 哲 /千代 勝正27.138523MOTUL AUTECH GT-R松田 次生 / R.クインタレッリ27.779637KeePer TOM'S LC500平川 亮 / N.キャシディ28.399712カルソニック IMPUL GT-R安田 裕信 / J.マーデンボロー40.435819WedsSport ADVAN LC500関口 雄飛 / 国本 雄資42.295924フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R佐々木 大樹 / J.P.デ・オリベイラ1’07.1941038ZENT CERUMO LC500立川 祐路 / 石浦 宏明1’18.578【GT300決勝 結果】 61LapsPosNoMachineDriverTime / Behind125VivaC 86 MC松井 孝允 / 山下 健太2:01'16.448261SUBARU BRZ R&D SPORT井口 卓人 / 山内 英輝0.091355ARTA BMW M6 GT3高木 真一 / S.ウォーキンショー10.97147Studie BMW M6J.ミューラー / 荒 聖治17.79854グッドスマイル 初音ミク AMG谷口 信輝 / 片岡 龍也19.156651JMS P.MU LMcorsa RC F GT3中山 雄一 / 坪井 翔1 Lap733D'station Porsche藤井 誠暢 / A.クート1 Lap85マッハ車検 MC86 GTNET坂口 夏月 / 藤波 清斗1 Lap93B-MAX NDDP GT-R星野 一樹 / 高星 明誠1 Lap1065LEON CVSTOS AMG黒澤 治樹 / 蒲生 尚弥1 Lap1510GAINER TANAX triple a GT-R富田 竜一郎 / 吉田 広樹1 Lap2148植毛 GT-R高森 博士 / 田中 勝輝2 Laps23360RUNUP GT-R柴田 優作 / 田中 篤3 Laps 以上  もっと...
日産自動車、「人とくるまのテクノロジー展 2017」出展概要を発表
カテゴリ ニュースリリース
公開:
要旨: 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は22日、公益社団法人自動車技術会主催の「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展 2017」( 5月24日(水)〜26日(金)、パシフィコ横浜・展示ホールにて開催)への出展概要を発表しました。 人とくるまのテクノロジー展2017 日産ブースイメージ 日産は、今回の出展において、世界中のお客さまに向けた安全かつ持続可能な社会の実現を目指すことを目的とし、クルマと人々の体験をよりワクワクするものにする「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みを紹介します。 日産は、クルマの「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を推進することで、地球温暖化やエネルギー問題、交通事故や渋滞など、クルマが関与する社会課題を解決することを目指しています。「ニッサン インテリジェント モビリティ」は、クルマの知能化により、より安全で意のままのドライビングを可能にし、電動化によりクリーンで効率のよいパワートレインを実現することで、ドライビングをよりワクワクするものに進化させていきます。そしてさらにクルマが広く社会とコネクトすることで、新たなモビリティ体験を提供していきます。日産ブースでは、「電動化」の取り組みとして、「ノート」に搭載している100%モーター駆動の新しい電動パワートレイン「e-POWER」など最新技術をスマートフォンやパネル、部品展示で紹介します。 「知能化」の取り組みとしては、セレナに搭載の自動運転技術「ProPILOT」や日産が誇る先進安全技術を紹介します。360度Virtual Reality映像を通して、あたかも自分が運転しているような感覚で、先進安全技術をご体感いただけます。自動車技術会主催の特別企画展示会場では、時代の転換期を革新技術により乗り越えてきた歩みの紹介として、昭和53年排出ガス規制に対応したZ型エンジン搭載の「ブルーバード1800 SSS」や、当時、日本では唯一の4バルブDOHC機構を採用したエンジン搭載の「スカイライン2000ターボRS」を展示します。 特別講演では、従来の駆動方式とは一線を画す新しい電動パワートレインへの想いを開発責任者が紹介します。さらに、試乗コーナーでは「ノートe-POWER」、「セレナ」の公道試乗を実施します。出展と本展示会の概要は以下の通りです。<出展概要>1. 日産ブースの主な出展内容1)新しい電動パワートレイン「e-POWER」搭載の「ノート」2)革新的かつ安心して使用できる高速道路の単一車線での自動運転技術「ProPILOT」搭載の「セレナ」 自分が運転しているような感覚で、先進安全技術を体感できる360度Virtual Reality映像のデモンストレーション(初公開)2. 自動車技術会企画:特別企画展示、試乗会の出展内容1)特別企画展示ニッサン スカイライン 2000ターボRS(R30)ダットサン ブルーバード 1800 SSS(910)FJ型エンジン(R30型 スカイラインRSに搭載)Z型エンジン(910型 ブルーバードなどに搭載)電動パワートレイン(日産リーフに搭載)セミトレーリング式リアサスペンション (510型 ブルーバードやC10型 スカイラインなどに搭載)フットセレクタ(R30型スカイラインに搭載)2)試乗会「ノートe POWER」の体験試乗「セレナ」の体験試乗3)講演会日 時: 5月26日(金)15:30〜16:30会 場: 2F アネックスホール (F201・F202)テーマ: 『日産ノート e-POWERの開発』講演者: 仲田直樹(パワートレイン技術開発本部 パワートレイン主管) <自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2017 開催概要>開催期間:2017年5月24日(水)〜26日(金)会場:横浜国際会議場(パシフィコ横浜)展示ホール主催:公益社団法人自動車技術会入場料:無料人とくるまのテクノロジー展サイト:http://expo.jsae.or.jp/以 上  もっと...
水素ステーションの本格整備に向けた新たな協業の検討を開始
カテゴリ ニュースリリース
公開:
要旨: トヨタ自動車株式会社 日産自動車株式会社 本田技研工業株式会社 JXTGエネルギー株式会社 出光興産株式会社 岩谷産業株式会社 東京ガス株式会社 東邦ガス株式会社 日本エア・リキード株式会社 豊田通商株式会社 株式会社日本政策投資銀行 トヨタ自動車株式会社(社長:豊田章男)、日産自動車株式会社(社長:西川廣人)、本田技研工業株式会社(社長:八郷隆弘)、JXTGエネルギー株式会社(社長:杉森務)、出光興産株式会社(社長:月岡隆)、岩谷産業株式会社(社長:谷本光博)、東京ガス株式会社(社長:広瀬道明)、東邦ガス株式会社(社長:冨成義郎)、日本エア・リキード株式会社(社長:矢原史朗)、豊田通商株式会社(社長:加留部淳)、株式会社日本政策投資銀行(社長:柳正憲)の計11社は、この度、燃料電池自動車(FCV)向け水素ステーションの本格整備に向けた協業の検討に関する覚書を締結しました。本覚書は、水素・燃料電池戦略協議会「水素・燃料電池戦略ロードマップ」(2016年3月22日付改訂)の官民目標(2020年度までに水素ステーション160箇所の整備、FCVの4万台普及など)を踏まえ、表記11社を中心にオールジャパンでの協業によりFCV普及初期における水素ステーションの本格整備の検討を加速させるべく、合意・締結されたものです。本覚書の締結は、FCV普及初期における水素ステーション事業の諸課題を踏まえ、関係各社がそれぞれの役割(*)を果たし、協調することで、FCV需要の最大化が狙える水素ステーションの戦略的な整備と、それを踏まえた着実なFCVの普及を目指すべき、との考えに基づくものです。かかる協業の具体的な形態として、表記11社は2017年内の新会社の設立を検討した上で、当該新会社による水素ステーションの整備・運営支援に関する新たな施策の実施による着実な整備促進、規制見直しを含む整備コストの低減及び運営の効率化への取組を通じ、FCVの普及拡大と水素ステーション事業の早期自立化、ひいては我が国の水素社会の実現に貢献することを目指します。今後、皆様に広く参画頂ける仕組みを検討し、適宜、情報発信してまいります。(*)関係各社の役割インフラ事業者:水素ステーションの整備・運営自動車メーカー:FCVの普及拡大、普及初期の水素ステーションの運営支援金融機関等:ファイナンス等の支援以 上  もっと...
日産CEO、アルゼンチンへの6億ドル投資について同国大統領と会談
カテゴリ ニュースリリース
公開:
要旨: 日産自動車株式会社のCEOである西川 廣人は19日、アジア歴訪の一環で来日しているアルゼンチンのマウリシオ マクリ大統領と都内で会談し、2018年にアルゼンチンで開始予定の初の車両生産に向けた日産の取り組みの進捗を説明しました。西川はマクリ大統領に、以下のように語りました。「アルゼンチンは、中南米における当社の成長を実現するカギとなる国です。日産はマクリ大統領とアルゼンチン政府が進める、自動車産業および地域社会を支援するサプライチェーンの開発を奨励する取り組みを歓迎します。」日産は2015年、これまでの輸入を基本としたビジネスモデルから、2018年までにアルゼンチンで「NP300フロンティア」を始めとする車両を生産する体制への転換を目指すと発表しました。ピックアップ車両生産への投資総額は6億USドルとなります。同国コルドバ州にある生産ラインで中南米市場向けの車両を生産し、ブラジルの日産レゼンデ工場の生産を補完します。レゼンデ工場は3年前に開所し、現在クロスオーバーなどを生産しています。日産は、アルゼンチンにおける成長戦略の一環として、今夏、コルドバに新たな事業所を開設する予定です。2018年後半までに、ピックアップ生産ラインの稼働を見込んでいます。以上  もっと...
MOTUL Team RJNは不運に見舞われながらも速さを見せた
カテゴリ ニュースリリース
公開:
要旨: 5月13-14日 シルバーストーンサーキット(イギリス) ブランパンGTシリーズ エンデュアランスカップの第2戦がイギリス・シルバーストーンサーキットで開催され、開幕戦に続き「MOTUL Team RJN」から2台のNissan GT-R NISMO GT3が参戦した。千代勝正、アレックス・バンコム(英国)、ルーカス・オルドネス(スペイン)がステアリングを握った#23 GT-Rは16位でフィニッシュ。マット・パリー(英国)、ストルアン・ムーア(英国)、マット・シモンズ(豪州)組の#22 GT-Rは24位完走という結果だった。  予選では、オルドネスがQ1で開幕戦に続き全55台中のトップタイムを、Q2では千代が3位のタイムを記録。Q3を担当したバンコムはタイヤを交換してコースインした。徐々にペースを上げ、トップ6に入るタイムで最終セクターに入っていったところで赤旗が掲示。セッションが中断される不運で22番グリッドからのスタートとなった。一方、#22 GT-Rは14位で予選を終えた。決勝レースでは、#23GT-Rのオルドネス、#22GT-Rのムーアともにスムーズなスタートを切った。2台のGT-Rはトップ10圏内まで浮上する健闘を見せたが、セーフティーカーが導入されたタイミングが悪く、順位を落とすこととなった。さらに終盤、千代のドライブ時間がレギュレーションで認められた時間を14秒オーバーしていたため、#23 GT-Rにはドライブスルーペナルティが課せられた。#23GT-R アレックス・バンコムのコメント 「前があいている時には2分2秒台で走れていたので、レースペースとしてはかなりいい感じでした。私のスティントの中盤でペナルティを消化したため、16位まで順位を落としたのは残念でしたが、次のポールリカールではいい結果を出せると思います」#23GT-R 千代勝正のコメント 「練習走行から常にトップ10に入るスピードがありましたが、Q3のアタック中に赤旗が出てしまい、苦しいレースになりました。決勝レースの自分のスティントでは終始接近戦でのバトルになりましたが、アレックスに繋いだ時点で大きく順位を上げることができました。でもトップ10に入った矢先に、痛恨のペナルティが出てしまいました。一つでも歯車が狂うと中々流れを取り戻す事が出来ない、ブランパンGTシリーズの難しさを痛感したレースでした。次のポールリカールで良い結果を出せるように、またチームと共に準備していきます。今回も沢山の応援ありがとうございました」 以上  もっと...
平成29年春の黄綬褒章を受章
カテゴリ ニュースリリース
公開:
要旨: 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、平成29年春の褒章(*)において、同社栃木工場 工務部 第一工務課に所属する従業員の矢嶋 渡が「黄綬褒章」を受章し、16日に伝達式が行われたと発表しました。矢嶋は、同社で40年の間、自動車製造設備保全に従事しています。今回の受賞は、塗装品質を左右する設備の安定稼働に同氏の卓越した設備診断・分析技能が活かされ、栃木工場において業界トップレベルの塗装品質が実現したこと、および保全職種業務全般において安全を強く意識した教育環境の整備など、後進の育成に尽力した功績が認められたものです。尚、同氏は、平成25年度に「卓越した技能者」栃木県知事賞を受賞並びに「とちぎマイスター」に認定されるとともに、平成27年度に「卓越した技能者」厚生労働大臣賞「現代の名工」を受賞し、今回の黄綬褒章の受章に至りました。*春秋褒章(内閣府HPより) 自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した方を対象とする紅綬褒章、社会奉仕活動に従事し顕著な実績のある個人等を対象とする緑綬褒章、 その道一筋に業務に精励し衆民の模範である方を対象とする黄綬褒章、学術、芸術、技術開発等の功労者を対象とする紫綬褒章、教育、医療、社会福祉、産業振 興等の分野で公衆の利益を興した者又は保護司、民生・児童委員、調停委員等の事務に尽力した方を対象とする藍綬褒章があります。以 上  もっと...
日産自動車とオーテックジャパン「ウェルフェア2017」に福祉車両3台を出展
カテゴリ ニュースリリース
公開:
要旨: 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)と株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、5月18日(木)から5月20日(土)までの3日間、ポートメッセ名古屋で開催される「ウェルフェア2017」(第20回国際福祉健康産業展)に、ライフケアビークル(LV)を3台出展します。 セレナ チェアキャブ スロープタイプ 日産自動車グループでは、お客さまの生活のいろいろなシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼称し、個人ユースから施設での利用まで対応する、幅広いラインナップを取り揃えています。今回はそのラインナップの中から、車いすのまま乗車できる「セレナ チェアキャブ スロープタイプ」をはじめ、電気自動車のまったく新しいカタチ「NOTE e-POWER」をベースに開発した「ノート 助手席回転シート」など、計3台を出展します。<「ウェルフェア2017」概要>・ 日時: 5月18日(木)〜5月20日(土) 10:00〜17:00・ 会場: ポートメッセ名古屋(名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地)・ 主催: 名古屋国際見本市委員会>・ 入場料: 無料 <出展車両一覧>車種仕様セレナチェアキャブ スロープタイプ 車いす2名仕様ノート e-POWER助手席回転シートNV100 クリッパーリオチェアキャブ <関連URL> ライフケアビークルサイト          http://lv.nissan.co.jp以上   もっと...
広告

TOPユーザー登録検索登録リコール情報お問い合わせ

Copyright(c) 1999-2012 CAR SEARCH ENGINE All Rights Reserved.