TOPユーザー登録検索登録リコール情報お問い合わせ

検索
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 
広告

ヘッドライン


CORISM | 特集・コラム
  最終更新日
要旨
ウェブマスター
カテゴリ
作成
言語 ja
「みんなの楽ラク運転講習会」レポート【特集・コラム:イベント・モーターショー】
公開:
要旨: <p><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1494649585-thumbnail-400-230.jpg" title="みんなの楽ラク運転講習会" alt="みんなの楽ラク運転講習会"width="400" height="230" /></p><h3>「みんなの楽ラク運転講習会」とは?</h3>
<p> 毎年モータースポーツジャパンに合わせて開催される恒例の「みんなの楽ラク運転講習会」(みん楽)が今年も4月15日と16日の両日に東京都江東区青海の特設会場で開催された。<br />
<br />
 みん楽は、日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)が社会貢献のイベントとして開催しているもので、ビギナードライバーやペーパードライバーとその家族を主な対象に、安全運転の基礎をレクチャーし、体験してもらうもの。<br />
<br />
 モータースポーツジャパンに合わせて開催されるため、その参加者なども含めて毎年数千名が参加する大イベントだ。AJAJの会員40名ほどがボランティアでインストラクター役を努めている。<br />
<br />
 主なメニューは毎年同様で、<br />
●いざという時の急ブレーキの作動などの体験講習<br />
●タイヤ空気圧管理の重要性&ランフラットタイヤの知識<br />
●車庫入れ・縦列駐車練習<br />
●ドライビングポジションとシートベルトのレクチャー<br />
●シートベルト&チャイルドシートの効果を同乗急ブレーキで体験<br />
●大型車・乗用車、二輪車から見え方、死角の確認<br />
●アリが歩くようなスピードで走るアリさんブレーキ体験<br />
●子供安全免許証発行(JAF)<br />
●ブレーキシステムの解説(曙ブレーキ)<br />
●クリアな視界の確保(イチネンケミカル)<br />
●ほめパト活動の紹介(ジャパンスマートドライバープロジェクト事務局)<br />
などが用意されていた。<br />
<br />
 また今年は、新企画としてU-18運転予備校というプログラムも用意されていた。</p>
<h3>●ドライビングポジションとシートベルトのレクチャー</h3>
<p> 急ブレーキ体験をする前に、正しいドライビングポジションのとり方とシートベルトの装着法をレクチャーするもの。<br />
<br />
 そもそも運転席に座ったら、エンジンを始動する前にシートベルトをすることから始まり、同時にベルトのたるみをとることなども教える。<br />
<br />
 また急ブレーキのときにブレーキペダルを奥まで踏み込めるよう、着座位置を前寄りにすることなど、正しい着座位置やハンドルの操作方法などもレクチャーする。</p>
<h3>●いざという時の急ブレーキの作動などの体験講習</h3>
<p> 参加者に実際に運転もらい、思い切り強くブレーキをかける急ブレーキを体験してもらうもの。自動車教習所などでは、急な動作を避けることが強調され、じんわりブレーキやポンピングブレーキなどを教えられるため、いざというときに急ブレーキを踏めないドライバーが多い。このため思い切りブレーキペダルを踏みつける急ブレーキを体験してもらうもの。<br />
<br />
 初めての人は強くブレーキを踏めない例が多いが、何回か繰り返すうちに強いブレーキを踏めるようになる。事故を防ぐためには急ブレーキが必要なので、これを体験して踏めるようにするプログラムだ。</p>
<h3>●タイヤ空気圧管理の重要性&ランフラットタイヤの知識</h3>
<p> 案外見過ごされがちなタイヤの空気圧の重要性をレクチャーする。最低でも1カ月に1回の空気圧点検が必要であること。空気圧が減っていると、ブレーキがちゃんと効かなくなったり、正確なハンドル操作ができなくなったり、タイヤが偏磨耗したり、極端なときにはバーストにつながったり、燃費が悪くなるなど、悪いことがいろいろあることをレクチャーする。<br />
<br />
 ブリヂストンの協賛で、参加者に簡易型の空気圧測定器&タイヤ溝の測定器をプレゼントした。<br />
<br />
 最近採用される例が増えているランフラットタイヤについては、パンクしても一定以下の速度で数十kmの距離を走れるなどのメリットがあることをレクチャーした。</p>
<h3>●車庫入れ・縦列駐車練習</h3>
<p> ビギナードライバーに苦手とする人が多い車庫入れや縦列駐車を実際に体験してもらうプログラム。駐車に入る前にどのようにクルマを停めるか、バックミラーをどのように使うかなど、駐車の基本テクニックを参加者に運転してもらいながらレクチャーした。</p>
<h3>●シートベルト&チャイルドシートの効果を同乗急ブレーキで体験</h3>
<p> 参加者に同乗してもらい、時速7勸焚爾猟秣走行で急ブレーキをかけて衝撃の大きさを体験してもらうプログラム。参加者はショックの大きさに驚くとともに、シートベルトやチャイルドシートの重要性を身をもって体験できる。<br />
<br />
 少し速度を上げて時速15辧20劼乃泪屮譟璽をかけると、ABSが働くことによって逆にショックの小さいやや緩やかな停止になることも合わせて体験してもらった。</p>
<h3>●大型車・乗用車、二輪車から見え方、死角の確認</h3>
<p> 大型トラックのトラクター部分と乗用車、二輪車を並べて配置し、大型トラックの運転席から見た乗用車との距離感、乗用車のバックミラーに映る大型トラックの大きさをそれぞれ確認してもらった。<br />
<br />
 また乗用車の斜め後方にある二輪車が運転席から見えず、クルマには死角があること、それを考えて運転する必要があることなどをレクチャーした。</p>
<h3>●アリが歩くようなスピードで走るアリさんブレーキ体験</h3>
<p> AT車がDレンジでクリープ走行をするよりも、さらに遅い超低速走行を体験してもらうプログラム。車庫入れのときにこれを使うと安全だが、ゆっくり走らせるのが意外に難しいことを体験してもらった。<br />
<br />
 アリさんブレーキを体得すると、車庫入れ以外にも軽くブレーキをかけることでクルマの荷重を前方に移動させ、ハンドルを切るときにも役立つことなどを含めてレクチャーした。</p>
<h3>●子供安全免許証発行(JAF)</h3>
<p> このイベントに後援をいただいている日本自動車連盟(JAF)が子供に交通安全を教える観点から、子供安全免許証を発行した。</p>
<h3>●ブレーキシステムの解説(曙ブレーキ)</h3>
<p> このイベントに協賛をいただいている曙ブレーキからデモトラックが出展され、ブレーキの仕組みを詳しく教えていた。またF1のマクラーレンチームに供給しているブレーキシステムなども展示されていた。 </p>
<h3>●クリアな視界の確保(イチネンケミカル)</h3>
<p> クリンビューなどのケミカル用品を販売しているイチネンケミカルが出展し、視界の確保の重要性をレクチャーするとともに、クリンビューや掃除用品などを低価格で販売した。</p>
<h3>●ほめパト活動の紹介(ジャパンスマートドライバープロジェクト事務局)</h3>
<p> 首都高が展開したほめパトを展示し、スマートドライバー運動を展開していることを紹介した。</p>
<h3>●U-18運転予備校</h3>
<p> 今回のみん楽で初めて組まれたプログラムがこれ。まだ運転免許証を取得できない18未満の未成年者を対象に、クルマの楽しさを体感してもらうため、実際に運転してもらうもの。クルマはスポーツタイプの86とロードスターのAT車を使い、完全に閉鎖された空間の中でインストラクターが同乗してクルマの動かし方、止め方などを体験してもらった。<br />
<br />
 プログラムの性格上、たくさんの人に体験してもらうことができないが、多くの応募者の中から抽選で選ばれた参加者とその父兄が大満足するプログラムになった。<br />
<br />
 参加者の多くがクルマの持つ魅力を体感することができ、18歳になったらすぐに免許を取りたいなどと話していた。</p>
<h4>【関連記事】</h4>
<p><ul>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/2629/" target="_blank">日本自動車ジャーナリスト協会イベントレポート一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/8691/" target="_blank">東京オートサロンレポート一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/blog/30/tag/13529/" target="_blank">カーイベントレポート一覧</a></li>
</ul></p>
<p><a href="http://www.corism.com/special/event/3202.html" target="_blank">この記事をCORISMで読む→</a></p>  もっと...
「東京オートサロン2017レポートその2」 他には無い!? カラー/マテリアル/フィニッシュにこだわったユニークなレポート!!【特集・コラム:イベント・モーターショー】
公開:
要旨: <p><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493894703-thumbnail-400-266.jpg" title="東京オートサロン" alt="東京オートサロン"width="400" height="266" /></p><p>&lt;h2&gt;東京オートサロン2017レポート その2の目次&lt;/h2&gt;<br />
<br />
<strong><ul>
<li><a href="#01">今年のトレンドカラーは?</a> </li>
<li><a href="#02">個性的なカラーコーディネートは?</a> </li>
<li><a href="#03">高級感の演出は木目パネルがトレンド?</a> </li>
<li><a href="#04">塗装は、塗るから貼る? 光らせる?</a> </li>
</ul></strong><br />
<br />
<strong><お勧め記事></strong><br />
<br />
&lt;font size="2"&gt;<strong><div align="center">&lt; <a href="http://www.corism.com/tag/8691/">東京オートサロンレポート一覧</a> &gt;</div></strong>&lt;/font&gt;</p>
<p>&lt;h2 id="01"&gt;■今年のトレンドカラーは?&lt;/h2&gt;</p>
<p> クルマが中心のイベントレポートで、あえてまったく違った視点でオートサロン出展車を紹介! その切り口とは、CMF(カラー/マテリアル/フィニッシュ)! 細かいディテールにこだわったレポートです!!<br />
<br />
<br />
■トレンドカラー<br />
<br />
 今年はカッパー系のカラーが目立ってきました。2年前に発表された流行予測色ですがようやく車の世界に登場してきました。<br />
<br />
 おしゃれな色ですが、なかなか使いこなすには勇気がいりますね。</p>
<p>&lt;h2 id="02"&gt;■個性的なカラーコーディネートは?&lt;/h2&gt;</p>
<p>■カラーコーディネイト<br />
<br />
 従来の車をより魅力的に見せるカスタマイズの世界もトータルコーディネートへと進化。メーカー各社がそれぞれの世界観を持って作る事によりユーザーへのアピールも多彩になります。<br />
 <br />
 今回個人的に刺さったのはダイハツでした。77年に登場したスーパーカーブランドのデトマソとのコラボ企画、シャレードデトマソを彷彿させるカラーリングが魅力的でした。</p>
<p>ダイハツ BOON Cruisin<br />
<br />
 シンプル&クールなテーストでおしゃれにまとまっています。木目加飾も白木の表現が自然で形状とリンクして本物感満点。</p>
<p>ダイハツ CAST ACTIVA<br />
<br />
 トレンドのカモフラージュ柄でコーディネート。ボデーカラーはマットなのに、光沢感のあるグリーンが新鮮。<br />
 <br />
 カモフラージュ柄のフィルムもよく見ると幾何学が立体的に表現されておしゃれです。</p>
<p>スズキ スペーシア カスタムZ PREMIUM<br />
<br />
 漆黒の中に光り輝くスターダスト。きらびやかで特別感満点でまさにブラックダイヤモンド。室内とのコーディネートもルーフのレザートップの素材をトリムや天井材にも使い、徹底した室内外のコーディネートが心地よい空間を演出しています。ヘッドランプのコールドは、他社のアイデア流用?</p>
<p>ホンダ S660<br />
<br />
 わんぱくからちょい悪親父仕様に変身。収納の少なさをカバーするアイテムもおしゃれに。なぜ最初からこのグレードがでなかったのか疑問です。</p>
<p>ホンダ FREED ACTIVE Concept<br />
<br />
 アクティブなスタイリングとユーティリティをコンセプトにマッチした提案が色々とあります。楽しさは伝わって来ました。</p>
<p>&lt;h2 id="03"&gt;■高級感の演出は木目パネルがトレンド?&lt;/h2&gt;</p>
<p>■高級感の演出<br />
<br />
 高級感を演出する杢表現もここ数年は、革や合皮に押されていましたが、トレンドセッターのマツダがCX5でいち早く木目パネルを復活させてきました。<br />
<br />
 しかし、従来のように分かりやすい杢表現ではなく、新しい素材と言う考えで開発された様です。また本杢の表現もメルセデスが新しく黒杢を投入。黒い木というのが新鮮であり、またシルバー部品とのコーディネートもクール&モダンを感じました。</p>
<p>&lt;h2 id="04"&gt;■塗装は、塗るから貼る? 光らせる?&lt;/h2&gt;</p>
<p>■ペイント系<br />
<br />
 ボデーカラーで印象をかえるのに、ここ数年の主流は塩ビフィルムでしたが、今年は色々と面白いアイテムがでていました。<br />
<br />
1、ラバーデップ<br />
 車のボデーに下処理せずに専用塗料を吹き付ける塗料。ソリッド色だけでなく、メタリックやマイカー・キャンディーカラーやマットカラー、そしてタイヤ用も準備されました。会場では、アストンマーチンをユニークなプレゼンテーションで採用していました。<br />
<br />
 施工を行う体制も整備され今後ユニークなクルマたちがでてくると楽しいでしょうね。</p>
<p>2、Super Lumilor Paint 【 発光 】する塗料<br />
<br />
 蓄光タイプでは無く、電気で光るユニークな塗料。ボデー全体の発光も可能との事です。更にアイデア次第ではいろいろなカスタマイズも楽しめそうですが、電気を使うため配線加工が必要な為、施工が大掛かりになりそうですね。でも、たのしそうですが〜</p>
<p>3、アートペイント<br />
<br />
 オートサロンでは、おなじみですがいつ見ても感動します。グラインダーで傷つけた鉄板が、カラークリヤーの塗装で素敵なアートに変身。まさに光のマジックですね。<br />
<br />
 まさに、職人技 精密なマスキング技術を駆使した3Dペイントとグレービング(精密彫刻)の上に成り立つアート。とても塗装とは思えません。</p>
<p>4、LINE-X<br />
<br />
 元々は建物など、壊れてはいけない物を保護するコーティング材。その強度は、アメリカ軍のお墨付きとの事。<br />
 <br />
 樹脂パーツに塗装すれば、樹脂が割れても塗装膜が破れないかぎり元の形状を維持できるとの事。使い方次第ではいろいろアイデアが膨らみそうです。<br />
<br />
<br />
レポート:稲垣 利治</p>
<p><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493886745-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ホイール" alt="東京オートサロン ホイール"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493886755-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ホイール" alt="東京オートサロン ホイール"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493886760-thumbnail-186-140.jpg" title="東京オートサロン 日産セレナ" alt="東京オートサロン 日産セレナ"width="186" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493886765-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン 日産セレナ" alt="東京オートサロン 日産セレナ"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493888918-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ダイハツ デトマソ" alt="東京オートサロン ダイハツ デトマソ"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493888923-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ダイハツ デトマソ" alt="東京オートサロン ダイハツ デトマソ"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493888928-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ダイハツ デトマソ" alt="東京オートサロン ダイハツ デトマソ"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493889049-thumbnail-210-130.jpg" title="東京オートサロン ダイハツBOON Cruisin" alt="東京オートサロン ダイハツBOON Cruisin"width="210" height="130" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493889059-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ダイハツBOON Cruisin" alt="東京オートサロン ダイハツBOON Cruisin"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493889066-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ダイハツBOON Cruisin" alt="東京オートサロン ダイハツBOON Cruisin"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493889071-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ダイハツBOON Cruisin" alt="東京オートサロン ダイハツBOON Cruisin"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493890098-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ダイハツ CAST ACTIVA" alt="東京オートサロン ダイハツ CAST ACTIVA"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493890104-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ダイハツ CAST ACTIVA" alt="東京オートサロン ダイハツ CAST ACTIVA"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493890110-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ダイハツ CAST ACTIVA" alt="東京オートサロン ダイハツ CAST ACTIVA"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493890274-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン スズキ スペーシア カスタムZ PREMIUM" alt="東京オートサロン スズキ スペーシア カスタムZ PREMIUM"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493890289-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン スズキ スペーシア カスタムZ PREMIUM" alt="東京オートサロン スズキ スペーシア カスタムZ PREMIUM"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493890306-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン スズキ スペーシア カスタムZ PREMIUM" alt="東京オートサロン スズキ スペーシア カスタムZ PREMIUM"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493890401-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ホンダS660" alt="東京オートサロン ホンダS660"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493890411-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ホンダS660" alt="東京オートサロン ホンダS660"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493890419-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ホンダS660" alt="東京オートサロン ホンダS660"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493890427-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ホンダS660" alt="東京オートサロン ホンダS660"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493892854-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ホンダ フリードACTIVE Concept" alt="東京オートサロン ホンダ フリードACTIVE Concept"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493892861-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ホンダ フリードACTIVE Concept" alt="東京オートサロン ホンダ フリードACTIVE Concept"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493892867-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ホンダ フリードACTIVE Concept" alt="東京オートサロン ホンダ フリードACTIVE Concept"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493892873-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ホンダ フリードACTIVE Concept" alt="東京オートサロン ホンダ フリードACTIVE Concept"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493893149-thumbnail-186-140.jpg" title="東京オートサロン パネル" alt="東京オートサロン パネル"width="186" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493893156-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン パネル" alt="東京オートサロン パネル"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493893164-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン パネル" alt="東京オートサロン パネル"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493893570-thumbnail-93-140.jpg" title="東京オートサロン ペイント" alt="東京オートサロン ペイント"width="93" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493893579-thumbnail-93-140.jpg" title="東京オートサロン ペイント" alt="東京オートサロン ペイント"width="93" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493893588-thumbnail-93-140.jpg" title="東京オートサロン ペイント" alt="東京オートサロン ペイント"width="93" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493893596-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン ペイント" alt="東京オートサロン ペイント"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493894161-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン 塗料" alt="東京オートサロン 塗料"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493894168-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン 塗料" alt="東京オートサロン 塗料"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493894175-thumbnail-210-140.jpg" title="東京オートサロン 塗料" alt="東京オートサロン 塗料"width="210" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493894274-thumbnail-105-140.jpg" title="東京オートサロン 塗料" alt="東京オートサロン 塗料"width="105" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493894282-thumbnail-105-140.jpg" title="東京オートサロン 塗料" alt="東京オートサロン 塗料"width="105" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493894289-thumbnail-105-140.jpg" title="東京オートサロン 塗料" alt="東京オートサロン 塗料"width="105" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493894297-thumbnail-186-140.jpg" title="東京オートサロン 塗料" alt="東京オートサロン 塗料"width="186" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493894397-thumbnail-186-140.jpg" title="東京オートサロン 塗料" alt="東京オートサロン 塗料"width="186" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1493894404-thumbnail-105-140.jpg" title="東京オートサロン 塗料" alt="東京オートサロン 塗料"width="105" height="140" /></p><p><a href="http://www.corism.com/special/event/3196.html" target="_blank">この記事をCORISMで読む→</a></p>  もっと...
今年のカスタマイズカーの主役はトヨタC-HR!?早くもモデファイ車多数登場! 「東京オートサロン2017レポートその1」【特集・コラム:イベント・モーターショー】
公開:
要旨: <p><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486266471-thumbnail-400-266.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="400" height="266" /></p><h3>ノーマル車も大人気のトヨタC-HR!発売1か月で4万8千台&納車3か月待ち!</h3>
<p> 今や年の幕開けを飾る大事なイベントとして、クルマ好きの間にすっかり定着した感のある<A HREF="http://www.corism.com/tag/8691/" style="text-decoration:underline" target="_blank">「東京オートサロン」</A> 。例年通り今年も1月に千葉の幕張メッセで「東京オートサロン2017」が開催され、大盛況のうちに幕を閉じました。来場者数も3日間で約32万4千人と、3年連続の30万人越え。最近ではアジアをはじめとした海外からの来場者・出品者も多くなっており、すっかりインターナショナルな流行をつかめるショーとなってきています。<br />
<br />
 さて、そんな「東京オートサロン」ですが、もう一つこのショーからわかる流行は、カスタマイズカーのベース車として今何が人気か、ということ。ここ数年はトヨタ「86」ベースのカスタマイズカーが多く見られたのですが、今年は一気に様変わり! なんと、まだ発売されて1か月もたたない<A HREF="http://www.corism.com/tag/16294/" style="text-decoration:underline" target="_blank">トヨタ「C-HR」</A> (12月14日発売開始)をモデファイした車が多数出品されたのでした。<br />
<br />
 その「C-HR」、<A HREF="http://www.corism.com/blog/34/tag/2775/" style="text-decoration:underline" target="_blank">トヨタ</A> の発表では発売約1か月で受注台数4万8千台とのことで、ちまたでもとんでもない人気になっています。昨年1年間に日本で10万台以上売れた登録乗用車はわずか5台(<A HREF="http://www.corism.com/tag/3192/" style="text-decoration:underline" target="_blank">トヨタプリウス</A> 、<A HREF="http://www.corism.com/tag/3023/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アクア</A> 、<A HREF="http://www.corism.com/tag/3853/" style="text-decoration:underline" target="_blank">シエンタ</A> 、<A HREF="http://www.corism.com/tag/2543/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フィット</A> 、<A HREF="http://www.corism.com/blog/24/tag/3528/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ノート</A> )で、例えばシエンタの販売台数は年間約12万6千台ですから、「C-HR」はその40%近くの台数をわずか1か月で稼いだことになります。カスタマイズカーメーカーがこぞって「C-HR」に注目するのも十分うなづけるのでした。</p>
<h3>スポーツカーからSUV風、はてはローダウンまで!C-HRはカスタマイズもなんでもござれ!</h3>
<p> 今までの車とは違ってモデファイの方向性が多様なことも「C-HR」をベース車とすることの魅力です。一応トヨタの分類では「C-HR」は<A HREF="http://www.corism.com/tag/112/" style="text-decoration:underline" target="_blank">SUV</A> なっているのですが、スタイリッシュな外観なのでスポーティなスタイルから思いっきりSUVテイストを強調したモデファイまで、いろいろな形にカスタマイズすることができます。<br />
<br />
 例えばモデリスタ(トヨタモデリスタインターナショナル)では、「疾風(はやて)のように突き抜ける衝動」を感じさせるモデファイの「BOOST IMPULSE STYLE」(ブースト・インパルス・スタイル)と、「凛とした大人のCOOLドレスコード」を表した「ELEGANT ICE STYLE」(エレガント・アイス・スタイル)の2タイプを出品。<br />
<br />
 特に「BOOST IMPULSE STYLE」は一見F1マシンのようなウイング形状のガーニッシュを備えたフロントスポイラーが、まるでスポーツカーのような走りの車に「C-HR」を変身させてしまいました。<br />
<br />
 一方でTRD(トヨタテクノクラフト)では「Aggressive Style」(アグレッシブ・スタイル)と「Extreme Style」(エクストリーム・スタイル)の2タイプを出品。「Extreme Style」はダート走行のラリーカーのような、砂漠を走るSUV風にモデファイしていました。<br />
<br />
 かと思えば、福井県のショップ「T-DEMAND」(ティーディメンド)が出品した「C-HR」は思いっきりローダウンした、いわゆるシャコタン仕様。このようにあらゆるカスタマイズを受け入れてしまう奥行きの深い外観デザインに多くの人が魅了されて、「C-HR」は爆発的な人気を誇っているのかもしれません。</p>
<h3>意外とハマる、C-HRのエレガント風カスタマイズ!女性や英国紳士にもピッタリ!?</h3>
<p> さてそんな「C=HR」の中でもかなり異彩を放っていたカスタマイズカーが「style Wb」。最近のトヨタ車のご多分に漏れず「C-HR」もかなりアクの強いフロントフェイスをしていますが、それをかなりすっきりエレガントに仕上げて、上品でおしゃれな車に変身させています。内装もホワイトのキルト風生地で仕上げてありシンプルモダンでとてもイイ!と思ったのでした。<br />
<br />
 聞けば「Wb」の意味は「Woman's best」、女性目線の憧れのライフスタイルを表している都会的なセンスを追求したコンセプトカー、とのこと。そういえば、ヘッドライト横にスッと立ち上がっているモールの先端が、女性の帽子についている飾り羽根のように見えます。どこのショップのモデファイなんだろう?と思ったらなんとこちらの出品は「トヨタ純正用品」ブース。トヨタさん、これ本当に売ってください!<br />
<br />
 エレガントといえばもう一台、CABANA(カバナ、会社名はトップセレクション)が出品していた「C-HR」は、内装を英国旗のユニオンジャック風に仕上げ、外装もそれに合わせたラッピングをしてトータルコーディネイト。マット仕上げ&グレー系の外装が柄の派手さを程よく抑えていました。ちなみにこちらはMINIなどの自動車用シートカバーを作るのが本業の会社、とのことでした。<br />
<br />
 その他、本家トヨタではニュルブルクリンク24時間耐久レースを走ったレースカーを展示するなど、盛りだくさんだった「C-HR」のカスタマイズカー。どの「C-HR」も魅力的で2017年はノーマル車はもとより、カスタマイズされた「C-HR」もかなり街中で見かけることになるかも、と思った「東京オートサロン」だったのでした。<br />
<br />
レポート:堂島 昭</p>
<h4>【関連記事】</h4>
<p><ul>
<li><a href="http://www.corism.com/news/toyota/2857.html" target="_blank"> トヨタC-HR新車情報・購入ガイド プリウスのハイブリッドシステムを搭載したSUV。1.2Lターボもあり! 燃費は30.2/L。価格は約252万円から!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/16294/" target="_blank">トヨタC-HR新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/blog/29/" target="_blank">アウトランダーPHEV長距離レポート一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/mazda/3122.html" target="_blank">マツダCX-5新車情報・購入ガイド すべてが深化! より洗練されたラグジュアリーSUVへ!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/2677/" target="_blank">マツダCX-5新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/vw/3152.html" target="_blank">フォルクスワーゲン ティグアン新車情報・購入ガイド コンパクトSUVの枠を超えた上級装備とクオリティ。しかし、FFだけでいいの? クリーディーゼル車は?</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3590/" target="_blank">フォルクスワーゲン ティグアン新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/mazda/3114.html" target="_blank">マツダCX-3新車情報・試乗評価一覧 実質価格引き下げ! 歩行者検知式自動ブレーキが標準装備され、数々の制御追加! さらに、ほぼ価格据え置きで魅力倍増!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/14274/" target="_blank">マツダCX-3新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/subaru/3072.html" target="_blank">スバルXV ハイブリッドtS新車情報・購入ガイド 惚れ込んで買え! ファンなら十分に満足できるパフォーマンスと価格</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/4728/" target="_blank">スバルXV新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/review/nissan/3040.html" target="_blank">日産エクストレイルハイブリッド試乗記・評価 横置き1モーター&2クラッチ式ハイブリッドの完成度は?</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/5018/" target="_blank">日産エクストレイル新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/honda/2975.html" target="_blank">ホンダ ヴェゼル新車情報・購入ガイド ボディまで強化した本格派スポーツSUV「ヴェゼルRS」が追加! さらに一部改良!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/12977/" target="_blank">ホンダ ヴェゼル新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/112/" target="_blank">SUV新車情報・試乗評価一覧</a></li>
</ul></p>
<p><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486266738-thumbnail-93-140.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="93" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486274126-thumbnail-210-139.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486274144-thumbnail-210-139.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486274439-thumbnail-210-139.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486274445-thumbnail-209-140.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="209" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486274457-thumbnail-209-140.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="209" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486274173-thumbnail-210-139.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486273217-thumbnail-209-140.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="209" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486274529-thumbnail-209-140.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="209" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486274534-thumbnail-209-140.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="209" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486274540-thumbnail-210-139.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486274547-thumbnail-209-140.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="209" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486274554-thumbnail-210-139.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486274559-thumbnail-209-140.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="209" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486275302-thumbnail-210-139.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486275308-thumbnail-209-140.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="209" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486272322-thumbnail-210-139.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2017/1486272330-thumbnail-93-140.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="93" height="140" /></p><p><a href="http://www.corism.com/special/event/3155.html" target="_blank">この記事をCORISMで読む→</a></p>  もっと...
今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年11月国内新車販売台数分析】 ノートe-POWERのヒットで、日産30年ぶりの新車販売台数ナンバー1へ!【特集・コラム:ビジネス・経済】
公開:
要旨: <p><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1482573375-thumbnail-400-225.jpg" title="今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年11月国内新車販売台数分析】" alt="今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年11月国内新車販売台数分析】"width="400" height="225" /></p><h3>日産、ノートe-POWERで30年ぶりナンバー1獲得! フリード猛追及ばず、シエンタ逃げ切り!</h3>
<p>■2016年11月の新車販売台数(自販連、全軽自協調べ)<br />
銘柄・・・・・・・・・・台数・前年比<br />
1)<A HREF="http://www.corism.com/blog/24/tag/3528/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ノート</A> ・・・・・・・15,784台(244.4%)<br />
2)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2825/" style="text-decoration:underline" target="_blank">N-BOX系</A> ・・・・・・ 14,813台(105.5%)<br />
3)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3192/" style="text-decoration:underline" target="_blank">プリウス系</A> ・・・・・13,333台(221.4%)<br />
4)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3904/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ムーヴ系</A> ・・・・・・13,201台(168.7%)<br />
5)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3023/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アクア</A> ・・・・・・・12,409台( 81.4%)<br />
6)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3853/" style="text-decoration:underline" target="_blank">シエンタ</A> ・・・・・・11,608台(113.7%)<br />
7)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2751/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フリード</A> ・・・・・・10,445台(362.4%)<br />
8)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3210/" style="text-decoration:underline" target="_blank">タント</A> ・・・・・・・10,279台( 93.8%)<br />
9)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4144/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴォクシー</A> ・・・・・ 8,878台(100.2%)<br />
10)<A HREF="http://www.corism.com/tag/11581/" style="text-decoration:underline" target="_blank">デイズ系</A> ・・・・・・ 7,705台( 72.0%)<br />
11)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3219/" style="text-decoration:underline" target="_blank">セレナ</A> ・・・・・・・ 7,293台(191.8%)<br />
12)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3594/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アルト</A> ・・・・・・・ 7,237台( 95.8%)<br />
13)<A HREF="http://www.corism.com/tag/15418/" style="text-decoration:underline" target="_blank">N-WGN</A> ・・・・・・・・6,736台(102.1%)<br />
14)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4060/" style="text-decoration:underline" target="_blank">カローラ系</A> ・・・・・ 6,546台( 77.5%)<br />
15)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12647/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハスラー</A> ・・・・・・ 6,368台(111.7%)<br />
16)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2543/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フィット</A> ・・・・・・ 6,333台( 86.5%)<br />
17)<A HREF="http://www.corism.com/tag/11454/" style="text-decoration:underline" target="_blank">スペーシア</A> ・・・・・ 5,970台(105.7%)<br />
18)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4562/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ワゴンR</A> ・・・・・・・5,825台( 83.6%)<br />
19)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4143/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ノア</A> ・・・・・・・・ 5,750台(122.9%)<br />
20)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3661/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴェルファイア</A> ・・・ 5,609台(151.8%)<br />
21)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4429/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ミラ系</A> ・・・・・・・ 5,241台( 79.2%)<br />
22)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4178/" style="text-decoration:underline" target="_blank">パッソ</A> ・・・・・・・ 5,164台(150.8%)<br />
23)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4537/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴィッツ</A> ・・・・・・ 5,145台( 85.1%)<br />
24)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2929/" style="text-decoration:underline" target="_blank">デミオ</A> ・・・・・・・ 5,044台(111.1%)<br />
25)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12977/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴェゼル</A> ・・・・・・ 4,591台( 89.5%)<br />
26)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12331/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハリアー</A> ・・・・・・ 4,461台(105.2%)<br />
27)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4753/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ソリオ</A> ・・・・・・・ 4,449台(103.2%)<br />
28)<A HREF="http://www.corism.com/tag/11584/" style="text-decoration:underline" target="_blank">eKワゴン系</A> ・・・・・ 4,405台(146.2%)<br />
29)<A HREF="http://www.corism.com/tag/15431/" style="text-decoration:underline" target="_blank">キャスト</A> ・・・・・・ 4,368台( 47.6%)<br />
30)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3597/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アルファード</A> ・・・・ 3,856台(114.3%)<br />
31)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3114/" style="text-decoration:underline" target="_blank">インプレッサ</A> ・・・・ 3,552台( 94.3%)<br />
32)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3665/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ステップワゴン</A> ・・・ 3,347台( 82.2%)<br />
33)<A HREF="http://www.corism.com/tag/5018/" style="text-decoration:underline" target="_blank">エクストレイル</A> ・・・ 3,313台( 87.2%)<br />
34)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2607/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フォレスター</A> ・・・・ 3,299台(143.7%)<br />
35)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2892/" style="text-decoration:underline" target="_blank">クラウン</A> ・・・・・・ 3,290台( 66.5%)<br />
36)<A HREF="http://www.corism.com/tag/14280/" style="text-decoration:underline" target="_blank">エスクァイア</A> ・・・・ 3,191台( 89.7%)<br />
37)<A HREF="http://www.corism.com/tag/14164/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ウェイク</A> ・・・・・・ 2,992台(124.6%)<br />
38)<A HREF="http://www.corism.com/tag/9018/" style="text-decoration:underline" target="_blank">シャトル</A> ・・・・・・ 2,775台( 68.9%)<br />
39)<A HREF="http://www.corism.com/tag/17037/" style="text-decoration:underline" target="_blank">タンク</A> ・・・・・・・ 2,663台(-------)<br />
40)<A HREF="http://www.corism.com/tag/17036/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ルーミー</A> ・・・・・・ 2,575台(-------)<br />
41)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4600/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アクセラ</A> ・・・・・・ 2,295台(123.2%)<br />
42)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12717/" style="text-decoration:underline" target="_blank">レヴォーグ</A> ・・・・・ 2,114台(155.2%)<br />
43)<A HREF="http://www.corism.com/tag/14274/" style="text-decoration:underline" target="_blank">CX-3</A> ・・・・・・・・ 2,103台(100.7%)<br />
<br />
 2016年11月の新車販売台数は、日産ノートが30年ぶりに新車販売台数ナンバー1に輝いた。ノートは2012年にフルモデルチェンジしているので、すでにモデル後期に入ったモデル。一般的にモデル後期に入ると、徐々に販売台数を落としていく傾向にある。同じクラスのトヨタ アクアは2011年に登場。デビューからしばらくの間、圧倒的な販売台数を重ね長期間新車販売台数ナンバー1を続けていたが、最近ではさすがに息切れしてきている状態だ。<br />
<br />
 それでも、日産ノートがモデル後期に入り30年ぶりに新車販売台数ナンバー1を獲得したのには訳がある。まず、プロダクト面で待望のハイブリッド車であるノートe-POWERが投入されたこと。このノートe-POWERは、シリーズ<A HREF="http://www.corism.com/tag/70/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハイブリッドシステム</A> を搭載し、エンジンで発電し100%モーターで走る。<A HREF="http://www.corism.com/tag/114/" style="text-decoration:underline" target="_blank">EV</A> 感覚の力強さで、<A HREF="http://www.corism.com/blog/34/tag/2775/" style="text-decoration:underline" target="_blank">トヨタ</A> や<A HREF="http://www.corism.com/tag/105/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ホンダ</A> のハイブリッド車と上手く差別化できた。<br />
<br />
 そして、営業面。<A HREF="http://www.corism.com/blog/24/tag/68/" style="text-decoration:underline" target="_blank">日産</A> の営業サイドとしては、ガソリン車しか無かったため、喉から手が出るほどハイブリッド車が欲しかった。そのため、モデル末期のノートを急遽ハイブリッド化した。ハイブリッド車が出たことで、日産車に乗る顧客に強くプッシュできるようになり、既納先からの代替えが進んだ。<br />
<br />
 また、発売前から受注を多く集め、生産車もしっかりとため込んで発売直後の11月にイッキに登録し、ナンバー1を奪取する作戦も練られていたようだ。その結果、日産車として30年ぶりナンバー1となる15,784台が登録できた。<br />
<br />
 軽自動車は、相変わらずホンダN-BOXが全銘柄で2位、軽乗用車で1位という安定感ある状況。N-BOXは、2017年にフルモデルチェンジを予定しており、すでにモデル末期のモデル。値引き額が大きくなってきているとはいえ、燃費値はライバルに対して大きく引き離されているのによく売れている。完全に軽自動車の定番となった。<br />
<br />
 また、軽乗用車ではダイハツ ムーヴ系が大躍進。これは、ムーヴの他に<A HREF="http://www.corism.com/tag/13716/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハイト系</A> ワゴンクラス唯一の両側スライドドアをもつムーヴキャンバスが追加されたことによるものだ。<br />
<br />
 輸入車マーケットは、なかなか好調で27,285台を売り前年同月比108.5%となった。その中でも好調なのがBMW。前年同月比は125.3%で、4,387台を売った。2016年の販売台数では、45,381台を売り、<A HREF="http://www.corism.com/tag/4133/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フォルクスワーゲン</A> を抜き、<A HREF="http://www.corism.com/tag/2918/" style="text-decoration:underline" target="_blank">メルセデス・ベンツ</A> に次ぐシェア第2位のメーカーとなった。フォルクスワーゲンは、不振から抜け出せないようで、前年同月比は90.6%に止まっている。<br />
<br />
 その他では、<A HREF="http://www.corism.com/tag/3792/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ボルボ</A> が前年同月比137.5%、<A HREF="http://www.corism.com/tag/3290/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ジャガー</A> が214.7%、<A HREF="http://www.corism.com/tag/3486/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ジープ</A> が173.5%と好調だ。<br />
<br />
 そして、毎年前年同月比越えで日本で一番売れている輸入車となったメルセデス・ベンツは、1月からの累計販売台数は6万台を超えている。ただし、前年同月比は102.5%と微増といったところ。2位のBMWとの差は、1.5万台ほどあるので2016年も輸入車ナンバー1であることは確実だ。</p>
<h3>2年半、新車が無かった国内日産の逆襲始まる! 日産、ノートe-POWERとセレナで大幅販売台数増! </h3>
<p> 30年ぶり新車販売台数ナンバー1を獲得したノートやセレナ貢献し、日産の乗用車は39,701台を売った。前年同月比は122.6%と好調。三菱の燃費不正問題で売れなくなったデイズシリーズが、不調のままであることを考えれば、かなり好調な数字といえる。12月にデイズルークスがマイナーチェンジを行ったことで、どれだけ台数が積み上がるかが今後の注目点。<br />
<br />
 デイズシリーズの販売台数次第では、フィットがマイナーチェンジ前で大きく販売台数を落とす中、イッキにホンダとの販売台数を縮めるチャンスでもある。<br />
<br />
 日産は中国やアメリカに主軸を置き、自国の国内販売に関しては新車が2年半も投入されないなど、国内販売を軽視してきた。セレナやノートのヒットにより、日本マーケットに合ったクルマを投入すれば売れることが証明されたことになる。<br />
<br />
 また、日産は2017年に<A HREF="http://www.corism.com/tag/115/" style="text-decoration:underline" target="_blank">電気自動車</A> である<A HREF="http://www.corism.com/blog/5/tag/393/" style="text-decoration:underline" target="_blank">リーフ</A> をフルモデルチェンジする予定。ノートのようにたくさん売れるクルマではないものの、今後の日産ブランドを象徴するモデルだけに注目される。</p>
<h3>アクア息切れするも1.2万台超! プリウス系は安定の1.3万台で、トヨタハイブリッド勢が強し</h3>
<p> 11月の新車販売台数ベスト10内には、トヨタ車が4車種入った。10位以内は、4車種<A HREF="http://www.corism.com/tag/2573/" style="text-decoration:underline" target="_blank">軽自動車</A> が含まれていることを考えれば、相変わらずトヨタ強しといった印象だ。とくに、トヨタの4車種中3車種が1万台以上を販売している。<br />
<br />
 アクアは、マイナーチェンジをしたものの、ノートe-POWERに若干影響されたのか、前年同月比は81.4%と低迷。しかし、それでも1.2万台超の販売台数を誇っている。プリウスも相変わらず好調で、1.3万台超を売った。<br />
<br />
 ベスト10内にランクされたトヨタ車は、プリウスとアクア、シエンタ、ヴォクシーの4台。この4台中プリウスとアクアがハイブリッド専用車。シエンタとヴォクシーには、ハイブリッド車が用意されていて高い人気を誇る。ベスト10内で、軽自動車を除くと、すべての車種にハイブリッドが用意されていることになり、国内のハイブリッド車人気は衰えることをしらないといった状況だ。</p>
<h3>ホンダ、新型フリードでシエンタ越えを狙うも力及ばず、わずか約1,000台差で7位に。フィット、マイナーチェンジ前に完全失速?</h3>
<p> <A HREF="http://www.corism.com/tag/105/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ホンダ</A> は、<A HREF="http://www.corism.com/tag/2778/" style="text-decoration:underline" target="_blank">コンパクト</A> <A HREF="http://www.corism.com/tag/2749/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ミニバン</A> であるフリードが高い人気を誇っている。11月の販売台数は10,445台で7位となった。ライバルのトヨタ シエンタの販売台数は11,608台なので、約1,000台差という僅差でシエンタに敗れてことになる。<br />
<br />
 しかし、シエンタはトヨタの全チャネルで売られているモデル。ホンダの販売店数は、トヨタの全販売店数の半分程度しかない。そう考えると、フリードはかなり善戦したといってもいいだろう。<br />
<br />
 このフリードが頑張っている中、大きく失速してしまったのがホンダの主力であるフィットだ。本来なら、ベスト10内に入っていなければならな車種。11月は 6,333台の販売店数で前年同月比は 86.5%となった。フィットは、2017年にマイナーチェンジ予定とは言え、やや数字を落としている。これは、もちろんノートe-POWERの影響があるにせよ落とし過ぎといった印象だ。</p>
<h3>異なる戦略を取るマツダとスバル。普通車では、すでにスバルがマツダ越え!</h3>
<p> 11月の改良でデミオが再び息を吹き返し、5,044台を売り前年同月比は111.1%となった。マツダにとって、デミオの販売台数が全体の販売台数に大きく影響を与える。デミオの好調により、マツダの乗用車は14,253台販売され、前年同月比は100.3%となった。前年同月比割れを続けてきたマツダにとっては、ここで国内販売を上向きにするキッカケにしたいところだろう。<br />
<br />
 さらに、台数は少ないもののアクセラも改良で販売台数が伸びている。11月は2,295台を売り、前年同月比は123.2%となった。この状況をさらに向上させることができるかがポイントとなるだろう。<br />
<br />
 しかし、マイナス要因もある。CX-5は2017年2月に新型モデルへの切り替わるため、谷間にあたりこの時期の販売台数は期待できない。さらに、アテンザも期待できず。販売台数を稼げるはずのコンパクトSUVであるCX-3も2,103台程度。ヴェゼルの半分も売れていない状況だ。こうなると、イッキにマツダが浮上するネタが無い状態。<br />
<br />
 マツダの普通車の販売台数は7,163台となっていて、スバルの普通車は11,747台なので、すでに大きく差を付けられている。スバルは、レヴォーグやフォレスター、インプレッサが地味ながら好調。インプレッサの1.6Lガソリン車の発売が本格的に始まると、さらに差が開くだろう。<br />
<br />
 やや高価な価格で値引きゼロ戦略を取り、こだわり抜いたクルマで高収益化を狙うマツダ。スバルは、インプレッサから、安価で世界トップレベルの安全装備を標準装備化。より良いクルマをより安く提供するスバル。異なる戦略をもつ2社の販売状況には、今後も注目したい。</p>
<h4>【関連記事】</h4>
<p><ul>
<li><a href="http://www.corism.com/special/biz/3123.html" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年10月国内新車販売台数分析】 日産セレナ好調! アクアと同等の販売台数を記録!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/special/biz/3102.html" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年9月国内新車販売台数分析】 絶対王者「プリウス」まさかのナンバー1から陥落!! 奪取したのはあのクルマ!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/special/biz/3091.html" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年8月国内新車販売台数分析】 トヨタ売れているクルマベスト10内に5車種も! スズキは軽依存から脱却を狙う!?</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/16239/" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/2778/" target="_blank">コンパクトカー新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/112/" target="_blank">SUV新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/70/" target="_blank">ハイブリッド車新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3538/" target="_blank">クリーンディーゼル車新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/2683/" target="_blank">セダン新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/2846/" target="_blank">スポーツカー新車情報・試乗評価一覧</a></li>
</ul></p>
<p><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1482575992-thumbnail-210-133.jpg" title="日産ノートe-POWER" alt="日産ノートe-POWER"width="210" height="133" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1482576307-thumbnail-203-140.jpg" title="ホンダN-BOX" alt="ホンダN-BOX"width="203" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1482576363-thumbnail-197-140.jpg" title="トヨタ プリウス" alt="トヨタ プリウス"width="197" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1482576434-thumbnail-210-136.jpg" title="ダイハツ ムーヴキャンバス" alt="ダイハツ ムーヴキャンバス"width="210" height="136" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1482577163-thumbnail-210-128.jpg" title="マツダ デミオ" alt="マツダ デミオ"width="210" height="128" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1482577293-thumbnail-195-140.jpg" title="マツダCX-5" alt="マツダCX-5"width="195" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1482577373-thumbnail-210-135.jpg" title="スバル インプレッサ" alt="スバル インプレッサ"width="210" height="135" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1482577449-thumbnail-190-140.jpg" title="スバル フォレスター" alt="スバル フォレスター"width="190" height="140" /></p><p><a href="http://www.corism.com/special/biz/3136.html" target="_blank">この記事をCORISMで読む→</a></p>  もっと...
2016-17 日本カー・オブ・ザ・イヤー決定! 今年のナンバー1は「スバル インプレッサ」! 受賞理由、受賞の秘密も公開!?【特集・コラム:イベント・モーターショー】
公開:
要旨: <p><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1481344901-thumbnail-400-219.jpg" title="スバル インプレッサ" alt="スバル インプレッサ"width="400" height="219" /></p><h3>各賞激戦!厳しい戦いを勝ち抜いた6台がコレだ!!</h3>
<p> 一般社団法人 <A HREF="http://www.corism.com/tag/2889/" style="text-decoration:underline" target="_blank">日本カー・オブ・ザ・イヤー</A> は、2016年12月9日に行われた最終選考会で第37回 2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤーに<A HREF="http://www.corism.com/tag/3114/" style="text-decoration:underline" target="_blank">「スバル インプレッサ」</A> を選出した。<br />
<br />
 また、各賞は<br />
・インポート・カー・オブ・ザ・イヤー<A HREF="http://www.corism.com/tag/3827/" style="text-decoration:underline" target="_blank">「アウディA4シリーズ」</A> <br />
・イノベーション部門賞 <A HREF="http://www.corism.com/tag/3219/" style="text-decoration:underline" target="_blank">「日産セレナ」</A> <br />
・エモーショナル部門賞 <A HREF="http://www.corism.com/tag/16127/" style="text-decoration:underline" target="_blank">「BMW M2クーペ」</A> <br />
・スモールモビリティ部門賞<A HREF="http://www.corism.com/tag/16859/" style="text-decoration:underline" target="_blank">「ダイハツ ムーヴ キャンバス」</A> <br />
・実行委員会特別賞<A HREF="http://www.corism.com/tag/3351/" style="text-decoration:underline" target="_blank">「ホンダNSX」</A> <br />
が選ばれた。<br />
<br />
 今回、この最終選考会に参加できた栄えある10ベストカーは、計35台のエントリーから選ばれた10台。この10ベストカーから、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員59名が配点し、2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定した。<br />
<br />
第37回 2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーは以下の通り(順不同)<br />
●<A HREF="http://www.corism.com/tag/2603/" style="text-decoration:underline" target="_blank">富士重工業株式会社</A> <A HREF="http://www.corism.com/tag/11224/" style="text-decoration:underline" target="_blank">【 スバル インプレッサスポーツ/G4 】</A> <br />
●<A HREF="http://www.corism.com/blog/34/tag/2775/" style="text-decoration:underline" target="_blank">トヨタ自動車株式会社</A> <A HREF="http://www.corism.com/tag/3192/" style="text-decoration:underline" target="_blank">【 トヨタ プリウス 】</A> <br />
●<A HREF="http://www.corism.com/tag/105/" style="text-decoration:underline" target="_blank">本田技研工業株式会社</A> <A HREF="http://www.corism.com/tag/2751/" style="text-decoration:underline" target="_blank">【 ホンダ フリード/フリード+ 】</A> <br />
●<A HREF="http://www.corism.com/tag/68/" style="text-decoration:underline" target="_blank">日産自動車株式会社</A> <A HREF="http://www.corism.com/tag/3219/" style="text-decoration:underline" target="_blank">【 ニッサン セレナ 】</A> <br />
●ビー・エム・ダブリュー株式会社<A HREF="http://www.corism.com/tag/16127/" style="text-decoration:underline" target="_blank">【 BMW M2 クーペ 】</A> <br />
●アウディ ジャパン株式会社<A HREF="http://www.corism.com/tag/3827/" style="text-decoration:underline" target="_blank">【 アウディ A4 シリーズ(Sedan/Avant/allroad quattro) 】</A> <br />
●ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社<A HREF="http://www.corism.com/tag/3290/" style="text-decoration:underline" target="_blank">【 ジャガー F-PACE 】</A> <br />
●FCA ジャパン株式会社<A HREF="http://www.corism.com/tag/7713/" style="text-decoration:underline" target="_blank">【 アバルト 124 スパイダー 】</A> <br />
●メルセデス・ベンツ日本株式会社<A HREF="http://www.corism.com/tag/3315/" style="text-decoration:underline" target="_blank">【 メルセデス・ベンツ E クラス 】</A> <br />
●ボルボ・カー・ジャパン株式会社<A HREF="http://www.corism.com/tag/3792/" style="text-decoration:underline" target="_blank">【 ボルボ XC90 】</A> </p>
<h3>第37回 2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー「スバル インプレッサ」、スバル13年ぶり2回目の受賞! なんと、1回目のレガシィでもプリウスを破っており、スバルはプリウスキラー!?</h3>
<p>■日本カー・オブ・ザ・イヤー<br />
富士重工業株式会社<br />
「スバル インプレッサスポーツ/G4」<br />
<br />
得点:420点<br />
<br />
授賞理由:新開発のスバルグローバルプラットフォームなどにより質の高い走行性能を持つととも<br />
に、国産車初の歩行者保護エアバッグ、運転支援システムのアイサイトをはじめとする多くの安全<br />
装備を標準装着するなど世界トップレベルの安全性能も実現したことは見事。さらに200万円を切<br />
る手頃な価格からラインナップしたことも高く評価した。<br />
<br />
<A HREF="http://www.corism.com/tag/3114/" style="text-decoration:underline" target="_blank">スバル インプレッサ新車情報・試乗評価一覧へ</A> <br />
<br />
 2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤーの争いは、トヨタ プリウスとスバル インプレッサ2強の争いとなった。最終の得点は、インプレッサが420点に対して、プリウスが371点となっており僅差でインプレッサが勝利している。<br />
<br />
 プリウスの明暗を分けたのが、選考委員の配点。インプレッサは、59名の選考委員中0点が1名のみ。対してプリウスは、0点が5名にもなってしまった。この0点の数が、大きな差となった。<br />
<br />
 スバル インプレッサは、スバルにとって13年ぶり2回目の日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞となった。スバルとプリウスには因縁めいたものがあり、スバル レガシィが第24回 2003-2004 日本カー・オブ・ザ・イヤー日本カー・オブ・ザ・イヤーを初受賞した時のライバルも実はプリウスだった。この時も、スバルは2代目プリウスを破り栄冠を手に入れている。<br />
<br />
 プリウスは、初代と3代目が日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。しかし、日本カー・オブ・ザ・イヤーが取れなかった2代目と4代目のライバルは奇しくもスバルだったのだ。スバルは、まさに日本カー・オブ・ザ・イヤーにとってプリウスキラーとなった。</p>
<h3>インポート・カー・オブ・ザ・イヤー「アウディA4シリーズ」 アウディ初受賞! ボルボXC90わずか4点差に泣く!</h3>
<p>■インポート・カー・オブ・ザ・イヤー<br />
アウディ ジャパン株式会社<br />
「A4シリーズ(Sedan / Avant / allroad quattro)」<br />
<br />
得点:149点<br />
授賞理由:アウディの中核モデルとして役割を十二分に果たす全体的な完成度の高さを持っている。<br />
ラインナップが豊富で、さらに運転支援システムやコネクティビティ、インフォテイメントシステ<br />
ムなどは最新のものを装備していることも評価した。また、クオリティの高い走行フィールを実現<br />
していることにも好印象を受けた。<br />
<br />
<A HREF="http://www.corism.com/tag/3827/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アウディA4新車情報・試乗評価一覧へ</A> <br />
<br />
 総得点は149点となったアウディA4。本来の実力なら、もっと多くの得点を稼ぐ実力があるモデルだったが、ライバルとなったインプレッサとプリウスがあまりに強すぎた。<br />
<br />
 こうなると、配点される点数が少なくなるため、多くの輸入車が混戦状態になっており、インポート・カー・オブ・ザ・イヤーは近年稀にみる激戦となった。なんと3位のA4が149点に対して、4位のボルボXC90は145点とわずか4点差! さらに、5位のメルセデス・ベンツ Eクラスは114点。6位のアバルト 124スパイダー も107点。そして、7位のジャガー F-PACEは106点と、僅差の接戦となった。</p>
<h3>イノベーション部門賞 「日産セレナ」 運転支援技術「プロパイロット」で高評価。ライバル、メルセデス・ベンツEクラスを破った理由とは?</h3>
<p>■イノベーション部門賞<br />
日産自動車株式会社<br />
「セレナ」<br />
<br />
授賞理由:比較的手頃な価格により量販されるミニバンにおいて、安全につながる運転支援システム「プロ<br />
パイロット」を搭載したことは、交通事故のない社会を実現するための一歩として大いに評価できる。また、デュアルバックドアやハンズフリースライドドアなどの装備についてもイノベーティブであると判断した。<br />
<br />
<A HREF="http://www.corism.com/tag/3219/" style="text-decoration:underline" target="_blank">日産セレナ新車情報・試乗評価一覧へ</A> <br />
<br />
 当初から、イノベーション部門賞はセレナとメルセデス・ベンツEクラスの一騎打ちとみられていた。どちらも自動運転技術を応用した運転支援技術をウリにしているモデルだからだ。技術そのもののレベルの高さという点では、車線変更さえも自動化することができたEクラスに軍配が上がる。しかし、今回の評価はより普及できるかどうか、という価格視点の要素が強かったようだ。安価な価格で国内で量販されるクルマかどうかという視点で評価されたようで、セレナは590点満点中、361点を獲得し圧勝。Eクラスは132点となった。</p>
<h3>エモーショナル部門賞 「BMW M2クーペ」 過去最高得点で部門賞獲得! </h3>
<p>■ エモーショナル部門賞<br />
ビー・エム・ダブリュー株式会社<br />
「M2クーペ」<br />
<br />
授賞理由:コンパクトなFRスポーツモデルとして極めて完成度が高く、ドライビングが楽しいことが大きな<br />
魅力である。レスポンスがよくリニアに吹け上がる3リッター直6 DOHCエンジンの回転フィールは滑らかで<br />
素晴らしく、ステアフィールも絶妙、BMWの「駆けぬける歓び」が100%実現していることを高く評価した。<br />
<br />
<A HREF="http://www.corism.com/tag/16127/" style="text-decoration:underline" target="_blank">BMW M2クーペ新車情報・試乗評価一覧へ</A> <br />
<br />
 M2クーペは、エモーショナル部門賞設立後、過去最高得点での受賞となった。得点は427点。2位のアバルト124スパイダーが60点なので、圧倒的な大差を付けた。なかでも注目したいのが、選考委員59名のなかで56名が配点したこと。ほぼすべての選考委員が、BMWの駆けぬける歓びを評価したことになる。</p>
<h3>スモールモビリティ部門賞  「ダイハツ ムーヴ キャンバス」 ライバル不在での受賞</h3>
<p>■ スモールモビリティ部門賞<br />
ダイハツ工業株式会社<br />
「ムーヴ キャンバス」<br />
<br />
授賞理由:セミトールボーイでスライドドアを採用するということで、新しい<A HREF="http://www.corism.com/tag/2573/" style="text-decoration:underline" target="_blank">軽自動車</A> ワゴン像を提案した<br />
点を評価した。さらに内外装のデザインやカラーリングもユニークで非常に魅力的であるし、走行性能につ<br />
いても満足できるレベルだ」。軽自動車の未来へ向けた可能性を広げたという点においても高い評価をした。<br />
<br />
<A HREF="http://www.corism.com/tag/16859/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ダイハツ ムーヴキャンバス新車情報・試乗評価一覧へ</A> <br />
<br />
 10ベストには選ばれなかったダイハツ ムーヴ。部門賞は10ベスト内からではなく、エントリリストの中から選ぶこともできるルールになっていることから、今回スモールモビリティ部門賞の受賞となった。ただ、今回の選考はダイハツにとって非常に有利な展開となった。なんと、燃費不正問題などの理由により辞退したこともあり、ライバル不在のままの投票となった。その結果、59人中41人の選考委員がスモールモビリティ部門賞に相応しいとし受賞した。<br />
<br />
<br />
</p>
<h3>実行委員会特別賞 「ホンダNSX」</h3>
<p>■ 実行委員会特別賞<br />
本田技研工業株式会社<br />
「NSX」<br />
<br />
授賞理由:運動性能に優れた<A HREF="http://www.corism.com/blog/33/tag/70/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハイブリッド</A> <A HREF="http://www.corism.com/tag/2846/" style="text-decoration:underline" target="_blank">スーパースポーツカー</A> として高い完成度を見せた。日本が得意と<br />
するハイブリッド技術で未来のスポーツカー像を提案したことは意義深い。年間販売予定が日本カー・オ<br />
ブ・ザ・イヤーのノミネート基準の500台に満たない100台のため特別賞として記録に留めるべきと判断した。<br />
<br />
<A HREF="http://www.corism.com/tag/3351/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ホンダNSX新車情報・試乗評価一覧へ</A> <br />
<br />
 ホンダNSXが実行委員会特別賞になった理由は、年間の販売台数予定が500台に満たないためだ。NSXの価格は2,370万円と高額だが、ハイブリッド機能を使ったあまり例をみないスーパーカーということもあり、日本カー・オブ・ザ・イヤーの歴史に残すべきクルマということで、ほぼすべての実行委員が評価した。</p>
<h4>【関連記事】</h4>
<p><ul>
<li><a href="http://www.corism.com/news/event/3118.html" target="_blank">2016-17 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー決定! 今年のベスト10は、このクルマ!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/event/2927.html" target="_blank">第36回日本カー・オブ・ザ・イヤーの内幕紹介!ロードスター受賞の裏には至高のオープンカー対決があった!!(最終選考会・開票式レポート)</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/event/2596.html" target="_blank">第35回2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーは、まれに見る大接戦の“バトル・オブ・DCi”をマツダ・デミオが制す!!(最終選考会・開票式レポート)</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/event/2304.html" target="_blank">第34回2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤーは、初の輸入車が受賞! VWゴルフが、今年のナンバー1に決定!(最終選考会・開票式レポート)</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/special/event/1943.html" target="_blank">第33回2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤーは、クリーンディーゼルで評判のマツダCX-5に決定!(最終選考会・開票式レポート)</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3131/" target="_blank">日本カー・オブ・ザ・イヤー最新情報一覧</a></li>
<li><a href="http://www.jcoty.org/" target="_blank">日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト</a></li>
</ul></p>
<p><a href="http://www.corism.com/special/event/3134.html" target="_blank">この記事をCORISMで読む→</a></p>  もっと...
20歳の現役・大学生レーシングドライバー金澤力也が、今話題のFIA-F4に初参戦!その結果は・・・!?【特集・コラム:イベント・モーターショー】
公開:
要旨: <p><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1480248024-thumbnail-400-266.jpg" title="FIA-F4 金澤力也" alt="FIA-F4 金澤力也"width="400" height="266" /></p><h3>そもそもFIA-F4ってなに!?</h3>
<p>みなさんお久しぶりです!<A HREF="http://www.corism.com/tag/16792/" style="text-decoration:underline" target="_blank">レーシングドライバー</A> の<A HREF="http://www.corism.com/tag/16615/" style="text-decoration:underline" target="_blank">金澤力也です(^^)/</A> <br />
<br />
今回の記事はクルマのレビュー記事ではありません!<br />
<br />
今最も人気が急上昇している<A HREF="http://www.corism.com/tag/7255/" style="text-decoration:underline" target="_blank">レース</A> の1つ『FIA-<A HREF="http://www.corism.com/tag/17064/" style="text-decoration:underline" target="_blank">F4』</A> に、チーム・スポンサード様のご協力により、急遽スポット参戦することが決定し、11月12~13日に開催されたFIA-F4最終戦にて初参戦させて頂きました。<br />
<br />
そのレースレポートを今回はみなさんにお伝え致します!!<br />
<br />
<br />
まず、そもそもFIA-F4とは何なのか・・・。レース内容の前にここからご説明しましょう!<br />
<br />
<br />
FIA-F4とは、FIA(国際自動車連盟)が推進するジュニアフォーミュラ再編プログラムの一環として、レーシングカートとF3の間に位置するFormula 4カテゴリーのレースです。<br />
<br />
シャシ、エンジンともFIAによる許諾が必要なワンメイクで、各国で開催される選手権が同程度の性能となるようFIAのホモロゲーションによって調整が行われます。また参戦費用を抑えるためコストキャップも設定されています。FIA F4はこうしたイコールコンディションのもと、現在はイタリア、ドイツ、イギリス、中国、日本で選手権が開催されているのです!<br />
<br />
FIA F4日本選手権は、シャシが童夢、エンジンがトムス、ギアボックスが戸田、タイヤがダンロップのワンメイクとなっており、SUPER GTを主催する株式会社GTアソシエーションが運営しています。<br />
<br />
そのためレースは<A HREF="http://www.corism.com/tag/17048/" style="text-decoration:underline" target="_blank">SUPER GT</A> のサポートレースとして全7大会14戦開催され、常に大観衆の前でのレースとなり、開催わずか2年目ながら、非常に認知度・注目度の高いレースとなっているのです^^<br />
<br />
<br />
そんな人気も格式も高いレースに、2016年シリーズの最終戦ながら、新参者として初参戦させて頂きました(^^)/<br />
</p>
<h3>雨天で荒れたレースに! 気になるレース結果は・・・</h3>
<p>さて本題に入りましょう!<br />
<br />
この大会が僕のFIA-F4デビュー戦となり、VSRランボルギーニ・スクアドラ・コルセ・フォーミュラ・ジュニア・チーム(VSR Lamborghini Squadra Corse Formula Junior Team)からエントリーさせて頂きました(^_-)-☆<br />
<br />
<br />
今大会のエントリー台数は37台。<br />
カートレースでは30台超えのレースに出場した事はありますが、フォーミュラカーのレースで40台近くのマシンでレースするのは初めての経験となりました。<br />
<br />
<br />
予選当日はかなりの雨が降り、全車レインタイヤでのアタックとなりました。<br />
もちろん僕は雨で走行した経験なし!!<br />
<br />
初めてのマシンで走ったことの無い雨という状況の中、コントロールラインを過ぎ、ラップタイムが計測されるアタック1周目をスタート。<br />
<br />
計測1周目でまずまずのラップタイムを記録し、「このフィーリングはいけるぞ。」と感じた僕は、ブレーキングで攻めた結果、ヘアピンコーナーでタイヤをフルロックさせて、コース外へ飛び出してしまいました。<br />
<br />
<br />
予選の赤旗中断でタイムを記録できない恐れがあると予測していた僕は、予選序盤で速いラップタイムを記録しておこうという思惑が裏目に出てしまいました(/ω\)<br />
<br />
このコースアウトにより、僕の予選は計測1周で終了。<br />
<br />
よって次の日の決勝グリッドは・・・<br />
<br />
第1レース:25位スタート / 37台中<br />
<br />
第2レース:35位スタート / 36台中<br />
<br />
という最悪のポジションからのスタートとなってしまいました(T_T)<br />
<br />
悔やんでいても、結果は変えられません。<br />
<br />
気持ちを切り替えて、決勝レースに向けて作戦を練り、マシンセットを監督やメカニックの方々とミーティングをします。<br />
<br />
<br />
そしてレース1とレース2が行われる11月12日を迎え、いよいよ決勝レースのグリッドにつきます。<br />
チーム一丸となって1つでも前のポジションを狙います。<br />
<br />
<br />
レース1は昨日の雨の影響が残り、路面はハーフウェットの為。<br />
スリックタイヤかレインタイヤかの選択が各チームに委ねられ、僕はスリックタイヤで出る事に決定。<br />
<br />
<br />
レース序盤は思うようにタイヤが温まらず、かなり厳しい展開でした。<br />
しかし、路面が乾き始めたレース中盤では、1周ごとに前車をオーバーテクしていき、15番手と着実にポジションをあげていきます。<br />
<br />
途中でアクシデントに巻き込まれ、一時コースオフ。わずか一瞬のアクシデントで22番手まで順位を落としましたが、その後も怒涛の追い上げで最終的には11位でフィニッシュ。<br />
<br />
<br />
第1レース結果:25位スタート → 11位フィニッシュ / 37台中<br />
<br />
<br />
そして同じ日の夕方に行われた第2レースでは35位スタート。<br />
<br />
このレース2では、路面も完全に乾き、全車スリックタイヤを装着します。大きなアクシデントも無くレースがスタートし、毎ラップ誰かとバトルしているような全12周でしたが、最終的には16台を抜かし、19位でフィニッシュ。<br />
<br />
<br />
第2レース結果:35位スタート → 19位フィニッシュ / 36台中<br />
<br />
<br />
翌日の11月13日(日曜日)ではレース3が行われました。<br />
<br />
レース3では14位スタートから一時は、10位までポジションを上げることが出来ましたが、レース中盤から後半にかけて思うようにペースが上げられず、最終的にはスタートと同じ14位でレースを終えました。<br />
<br />
<br />
第3レース結果:14位スタート → 14位フィニッシュ / 35台中<br />
<br />
<br />
レースウィークの練習日から僕のFIA-F4キャリアはスタートし、最初はまともなタイムも出せませんでしたが、レースウィーク計4日間で右肩上がりに成長することが出来ました。<br />
<br />
3レースとも前方で起こるアクシデントを避け完走し、冷静に順位を上げることが出来たことは、今後レースをしていく中で自信に大きく繋がりました。<br />
<br />
さらに、このFIA-F4に出場している選手のほとんどは1〜2年の経験を経ている中、僕は練習期間わずか数日で、この順位まで上げることが出来たことはチームにも評価して頂けました。<br />
<br />
<br />
・・・ですが、現段階ではまだ中盤グループでの争いです。このオフシーズンの間に練習・マシンテストをして、常にトップ争いができる速さを身に着けることが最優先の課題だと感じました!<br />
</p>
<h3>来年はこのFIA-F4に全戦参戦。</h3>
<p>そんなこんなの波乱のレースを経験させて頂いた僕ですが、来年はこのFIA-F4シリーズに全戦参戦致します!!<br />
<br />
なぜ今回FIA-F4に参戦したのかというと・・・<br />
<br />
本格的な参戦予定の来シーズンを前に、現時点の自分の力量を見極め、今何が自分には足らないのか、どこが強みなのかを見極めておきたかったからというのが理由の1つにあります。<br />
<br />
VSR Lamborghini Squadra Corse Formula Junior Teamとは、今年、イタリアの本拠地を訪ねて体力チェックやイタリアFIA-F4車両でトレーニングを積ませてもらっていましたし、僕が所属するZAP SPEEDさんとはフォーミュラレースデビューの時からお世話になっているチームなので、レースウィークに大きな緊張はありませんでしたし、レースに集中することが出来ました。<br />
<br />
セットアップの変更によるマシンの変化や、路面状況の変化とタイヤのタレ具合など、今回参加した3レースで、来年の為に本当に良い経験ができたと思います。オフシーズンはしっかりと体力トレーニングに励み、来年はタイトル争いに最初から絡めるような自分になって、FIA-F4シリーズに参戦したいと思っています!!<br />
<br />
<br />
ドライバーにとって「速さ」はもちろんですが、レースに費やす資金力や、レースに集中できる環境を整えることもレーシングドライバーにとって大きな仕事です。<br />
<br />
これら3つの要素を揃えられるよう、常に向上心をもって努力し続けることです(^^)/<br />
僕はみなさんにクルマの魅力を伝えながら、レース、そして自分に挑戦し続けます!!<br />
<br />
これからもレース記事を記載していこうと思っていますので、応援よろしくお願い致します!<br />
</p>
<h4>【関連記事】</h4>
<p><ul>
<li><a href="http://www.corism.com/review/vw/3046.html" target="_blank">フォルクスワーゲン パサートGTE試乗記・評価 ドライバーに力強い安心感と優れた経済性を提供! 【19歳! F4レーサー金澤力也が試乗】</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/review/toyota/3079.html" target="_blank">トヨタ86試乗記・評価 19歳レーシングドライバー金澤力也が、マイナーチェンジ後の新型86を全開インプレッション!!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/review/subaru/3112.html" target="_blank">スバル ドライビング アカデミーに現役F4レーサーが潜入捜査!! インストラクターと真剣勝負!!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/16615/" target="_blank">金澤力也レポート一覧</a></li>
</ul></p>
<p><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1480248291-thumbnail-210-139.jpg" title="ツインリンクもてぎ " alt="ツインリンクもてぎ "width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1480248296-thumbnail-210-139.jpg" title="FIA-F4タイヤ" alt="FIA-F4タイヤ"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1480253777-thumbnail-210-139.jpg" title="FIA-F4 金澤力也" alt="FIA-F4 金澤力也"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1480248777-thumbnail-210-139.jpg" title="FIA-F4 金澤力也" alt="FIA-F4 金澤力也"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1480248789-thumbnail-210-139.jpg" title="FIA-F4 金澤力也" alt="FIA-F4 金澤力也"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1480248825-thumbnail-210-139.jpg" title="FIA-F4 金澤力也" alt="FIA-F4 金澤力也"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1480249036-thumbnail-210-139.jpg" title="FIA-F4" alt="FIA-F4"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1480253285-thumbnail-210-139.jpg" title="FIA-F4" alt="FIA-F4"width="210" height="139" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1480253798-thumbnail-210-139.jpg" title="FIA-F4" alt="FIA-F4"width="210" height="139" /></p><p><a href="http://www.corism.com/special/event/3126.html" target="_blank">この記事をCORISMで読む→</a></p>  もっと...
今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年10月国内新車販売台数分析】 日産セレナ好調! アクアと同等の販売台数を記録!【特集・コラム:ビジネス・経済】
公開:
要旨: <p><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1479635931-thumbnail-400-225.jpg" title="今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年10月国内新車販売台数分析】" alt="今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年10月国内新車販売台数分析】"width="400" height="225" /></p><h3>プリウス、再び首位奪還! セレナ、シエンタを抜き、アクアに急接近</h3>
<p>■2011年10月の新車販売台数(自販連、全軽自協調べ)<br />
1)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3192/" style="text-decoration:underline" target="_blank">プリウス</A> ・・・・・14,053台(174.1%)<br />
2)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2825/" style="text-decoration:underline" target="_blank">N-BOX系</A> ・・・・・ 13,891台(113.2%)<br />
3)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3904/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ムーヴ系</A> ・・・・・12,502台(182.4%)<br />
4)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3023/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アクア</A> ・・・・・・12,480台( 80.3%)<br />
5)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3219/" style="text-decoration:underline" target="_blank">セレナ</A> ・・・・・・12,408台(331.5%)<br />
6)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3853/" style="text-decoration:underline" target="_blank">シエンタ</A> ・・・・・10,778台( 99.3%)<br />
7)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3210/" style="text-decoration:underline" target="_blank">タント</A> ・・・・・・10,559台(104.9%)<br />
8)<A HREF="http://www.corism.com/tag/11581/" style="text-decoration:underline" target="_blank">デイズ系</A> ・・・・・ 9,499台(97.8%)<br />
9)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2751/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フリード</A> ・・・・・ 9,153台(301.2%)<br />
10)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4144/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴォクシー</A> ・・・・ 7,936台( 94.4%)<br />
11)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2543/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フィット</A> ・・・・・ 7,585台( 74.4%)<br />
12)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3594/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アルト</A> ・・・・・・ 7,248台(94.5%)<br />
13)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4060/" style="text-decoration:underline" target="_blank">カローラ系</A> ・・・・ 6,663台( 73.6%)<br />
14)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12647/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハスラー</A> ・・・・・ 6,388台( 76.3%)<br />
15)<A HREF="http://www.corism.com/tag/11454/" style="text-decoration:underline" target="_blank">スペーシア</A> ・・・・ 6,265台( 98.2%)<br />
16)<A HREF="http://www.corism.com/tag/15418/" style="text-decoration:underline" target="_blank">N-WGN</A> ・・・・・・・6,086台( 98.9%)<br />
17)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4562/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ワゴンR</A> ・・・・・・5,929台( 83.6%)<br />
18)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4178/" style="text-decoration:underline" target="_blank">パッソ</A> ・・・・・・ 5,868台(167.7%)<br />
19)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4143/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ノア</A> ・・・・・・・ 5,769台(112.6%)<br />
20)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12977/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴェゼル</A> ・・・・・ 5,551台(102.6%)<br />
21)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4537/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴィッツ</A> ・・・・・ 5,126台( 83.3%)<br />
22)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4429/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ミラ系</A> ・・・・・・ 5,126台( 83.1%)<br />
23)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3661/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴェルファイア</A> ・・ 5,100台(133.3%)<br />
24)<A HREF="http://www.corism.com/tag/15431/" style="text-decoration:underline" target="_blank">キャスト</A> ・・・・・ 4,308台( 48.4%)<br />
25)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3665/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ステップワゴン</A> ・・ 4,113台( 81.5%)<br />
26)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2892/" style="text-decoration:underline" target="_blank">クラウン</A> ・・・・・ 3,565台( 68.0%)<br />
27)<A HREF="http://www.corism.com/tag/14280/" style="text-decoration:underline" target="_blank">エスクァイア</A> ・・・ 3,457台( 89.4%)<br />
28)<A HREF="http://www.corism.com/tag/5018/" style="text-decoration:underline" target="_blank">エクストレイル</A> ・・ 3,420台( 70.3%)<br />
29)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4753/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ソリオ</A> ・・・・・・ 3,261台( 83.2%)<br />
30)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3597/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アルファード</A> ・・・ 3,142台( 84.6%)<br />
31)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12331/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハリアー</A> ・・・・・ 3,032台( 62.9%)<br />
32)<A HREF="http://www.corism.com/tag/11584/" style="text-decoration:underline" target="_blank">eKワゴン系</A> ・・・・ 2,944台(110.1%)<br />
33)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4600/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アクセラ</A> ・・・・・ 2,941台(123.1%)<br />
34)<A HREF="http://www.corism.com/tag/9018/" style="text-decoration:underline" target="_blank">シャトル</A> ・・・・・ 2,636台( 62.6%)<br />
35)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3114/" style="text-decoration:underline" target="_blank">インプレッサ</A> ・・・ 2,545台( 90.3%)<br />
36)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2929/" style="text-decoration:underline" target="_blank">デミオ</A> ・・・・・・ 2,535台( 69.2%)<br />
37)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12717/" style="text-decoration:underline" target="_blank">レヴォーグ</A> ・・・・ 2,350台(157.5%)<br />
38)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4076/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ピクシス系</A> ・・・・ 2,220台(140.0%)<br />
39)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4082/" style="text-decoration:underline" target="_blank">プレミオ</A> ・・・・・ 2,007台(182.0%)<br />
40)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2607/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フォレスター</A> ・・・ 1,962台(256.5%)<br />
41)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4030/" style="text-decoration:underline" target="_blank">エスティマ</A> ・・・・ 1,914台(148.1%)<br />
42)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3256/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ランドクルーザー</A> ・ 1,895台( 70.4%)<br />
43)<A HREF="http://www.corism.com/blog/24/tag/3528/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ノート</A> ・・・・・・ 1,769台( 27.3%)<br />
<br />
 10月の新車販売台数ランキングでは、トヨタ プリウスがホンダN-BOXから首位の座を奪還した。しかし、その差はわずか162台しかなく予断を許さない状況になっている。<br />
<br />
 N-BOXは前年比113.2%と、その好調さには目を見張るものがある。というのも、N-BOXは2011年デビューで、すでにモデル末期状態だからだ。タイミング的には、いつフルモデルチェンジしてもおかしくない状況だ。また、<A HREF="http://www.corism.com/tag/2573/" style="text-decoration:underline" target="_blank">軽自動車</A> では、燃費値が重要とされてきたが、N-BOXの燃費は25.6/L。このクラストップのスペーシアの燃費が32.0/Lなので、大きな差がついている。これだけ大きな差が付くと売れなくなりそうなものなのだが、N-BOXの販売は好調。これは、かなり大幅値引きをして売っているだけでなく、顧客側の購入動機である「燃費性能」の優先順位がそれほど高くないということを示している。<br />
<br />
 そして、<A HREF="http://www.corism.com/tag/3210/" style="text-decoration:underline" target="_blank">タント</A> に代わりN-BOXを猛追し始めたのがダイハツ <A HREF="http://www.corism.com/tag/3904/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ムーヴ系</A> 。ムーヴ系には、新しくムーヴ <A HREF="http://www.corism.com/tag/16859/" style="text-decoration:underline" target="_blank">キャンバス</A> が加わった。キャンバスは、全高はムーヴ並みとしながら、<A HREF="http://www.corism.com/tag/13716/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハイト系</A> <A HREF="http://www.corism.com/tag/2925/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ワゴン</A> クラスでは唯一の両側スライドドアをもつ。その利便性は高く、一定の販売台数が期待されていた。販売台数は、ムーヴと合算されるので、今月は急上昇している。キャンバスの売れ行き好調さが、長期間に渡り維持できるようであれば、軽自動車ナンバー1の座を誇るN-BOXもうかうかしていられない状態になる。<br />
<br />
 登録車の乗用車で好調だったのは日産。セレナの不具合も解決し、イッキに登録されたこともあり、前年同月比110.3%を記録した。販売台数は約2.3万台で、その内セレナが約半数以上となる1.2万台を占めるという異常事態。10月はノートがシリーズハイブリッドを搭載したe-POWERへの移行期といこともあり、販売台数が約1,800台程度だったこともあり、こうした結果となった。しかし、どちらにせよ、日産の国内販売はセレナとノートの売れ行き次第という状況には変わりない。<br />
<br />
 そして、<A HREF="http://www.corism.com/tag/2603/" style="text-decoration:underline" target="_blank">スバル</A> も好調だ。9,249台を売り前年同月比は122.8%となった。好調なのは、<A HREF="http://www.corism.com/tag/2607/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フォレスター</A> と<A HREF="http://www.corism.com/tag/12717/" style="text-decoration:underline" target="_blank">レヴォーグ</A> 。 フォレスターは、1,962台で前年同月比256.5%。レヴォーグは、2,350台で前年同月比157.5%と好調。歩行者検知式自動ブレーキである先進安全装備であるアイサイトの効果や、<A HREF="http://www.corism.com/tag/3114/" style="text-decoration:underline" target="_blank">インプレッサ</A> のフルモデルチェンジによる集客アップによる販売台数増と予想できる。これに、新型インプレッサがフルモデルチェンジした台数が来月以降加わるので、スバルはさらなる販売台数増が期待できる。<br />
<br />
 軽自動車の乗用車では、スズキが燃費不正問題の影響から抜け出ることができていないようで、28,174台で前年同月比87.5%と、<A HREF="http://www.corism.com/tag/105/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ホンダ</A> と<A HREF="http://www.corism.com/tag/3008/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ダイハツ</A> が前年同月比越えを一人負け状態となっている。また、10月単月では、ホンダが22,494台売ったことで、<A HREF="http://www.corism.com/tag/2984/" style="text-decoration:underline" target="_blank">スズキ</A> にかなり販売台数面で接近してきている。スズキは、燃費不正問題の影響もあり、主力のワゴンRがフルモデルチェンジできなかったことが大きなマイナスになっている。<br />
<br />
 輸入車は、どのメーカーも好調。<A HREF="http://www.corism.com/tag/3792/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ボルボ</A> が前年同月比84.7%と大きく落としている。販売台数でナンバー1となったのは<A HREF="http://www.corism.com/tag/2918/" style="text-decoration:underline" target="_blank">メルセデス・ベンツ</A> 。4,543台を売り、前年同月比110.6%となった。<A HREF="http://www.corism.com/tag/372/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ミニ</A> も好調。1,673台を売り、前年同月比は113.4%と高い伸びを維持したままだ。ミニとBMWを合算すれば、<A HREF="http://www.corism.com/blog/28/tag/63/" style="text-decoration:underline" target="_blank">BMW</A> グループはメルセデス・ベンツを上回る販売台数となている。また、<A HREF="http://www.corism.com/tag/4414/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ルノー</A> や<A HREF="http://www.corism.com/tag/3413/" style="text-decoration:underline" target="_blank">プジョー</A> も好調。プジョーは、<A HREF="http://www.corism.com/tag/3538/" style="text-decoration:underline" target="_blank">クリーンディーゼル</A> 車の投入による効果が出ているといえる。</p>
<h3>年末年始にかけ、大幅販売台数増が期待できる日産。11月以降、ノートe-POWERも加わり、シェア拡大のチャンス!</h3>
<p> 10月はとにかく、<A HREF="http://www.corism.com/blog/24/tag/68/" style="text-decoration:underline" target="_blank">日産</A> セレナが目立った。12,408台を売り前年同月比は、なんと331.5%となった。車両の不具合があり、出荷が停止されていたこともあり、イッキ登録が進んだとはいえ、この販売台数は300万円前後という高価格帯のクルマとしては上出来といえるもの。<A HREF="http://www.corism.com/tag/2778/" style="text-decoration:underline" target="_blank">コンパクトカー</A> で、<A HREF="http://www.corism.com/blog/33/tag/70/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハイブリッド車</A> であるアクアに<br />
対してわずか72台差。軽自動車を除く登録車だけでみれば、なんと3位という結果となっている。この売れ行きは、しばらく続き、2〜3月の繁忙期も1万台越えとなる可能性が高い。国内日産の販売会社にしてみれば、セレナは高利益車種なので、販売会社の収益面でも大きな影響を与えるだろう。<br />
<br />
 このセレナの好調に加え、日産は11月以降大幅な販売台数増とシェアアップが期待できる。11月には、ノートのシリーズハイブリッド車である新型ノートe-POWERが加わる。従来の日本マーケットに無い、新しいタイプのハイブリッド車ということもあり、ノートe-POWERはかなり注目されている。ノートはコンパクトカーなので、販売台数は1万台越えするとみられ、販売台数の落ちてきてアクアを超える可能性も高い。好調セレナが、1万台越えを維持できれば、日産は2車種で1万台越えのモデルをもつことになる。こうなると、国内販売シェアはイッキにアップする。ホンダとの差もかなり縮まるとみられ、登録車の乗用車でホンダに急接近する可能性も出てくるので注目したい。</p>
<h3>10月の単月販売台数でマツダ、スバルに抜かれる! </h3>
<p> 国内販売の不調が続くマツダ。10月は9,040台の販売に止まり、前年同月比は81.1%となった。本年累計でも、128,720台の販売で前年同月比77.2%となっている。<br />
<br />
 そんなマツダに対して、スバルが好調になってきている。10月の販売台数は9,249台。前年同月比は、なんと122.8%となった。本年累計では99,888台で前年同月比は96.1%となった。<br />
<br />
 10月単月の販売台数では、スバルがマツダを抜いた。本年累計での販売台数こそ、若干差があるものの、11月以降は、フルモデルチェンジしたインプレッサが加わり、10月はレヴォーグやフォレスターも好調なので、これを維持できれば、マツダとの差が徐々に縮まりそうな勢いだ。<br />
<br />
 マツダが大きく販売台数を落としている要因は、販売台数を稼ぐという意味では重要なBセグメント車であるデミオが、やや不調であることが要因だ。マツダは、4〜9月の販売台数で登録車販売台数ベスト30にランクインしている車種は、デミオの12位をトップに26位のアクセラと2台のみ。誤算ともいえるのがCX-3。CX-3がランク外なのに対して、ライバルのホンダ ヴェゼルは9位と、その差はあまりに大きい。<br />
<br />
 対して台数を稼げるBセグメント車を持たないスバルは、20位のインプレッサがトップで、29位にレヴォーグ、30位にフォレスターがランクインしている。特別売れている車種はないものの、地道に販売台数を積み重ねているといった印象だ。<br />
<br />
 この2社の争いは、今後、激化すると予想できる。モデルチェンジしたばかりのインプレッサVSアクセラの戦い。そして、マツダも2017年2月にはCX-5をモデルチェンジする。そうなると、CX-5 VSフォレスターの戦いも激化。さらに、マツダはCX-3とデミオを改良し発売を開始したばかり。マツダも販売台数をアップするための準備はできている。この2社の販売台数&シェア争いには、今後注目だ。</p>
<h4>【関連記事】</h4>
<p><ul>
<li><a href="http://www.corism.com/special/biz/3102.html" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年9月国内新車販売台数分析】 絶対王者「プリウス」まさかのナンバー1から陥落!! 奪取したのはあのクルマ!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/special/biz/3091.html" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年8月国内新車販売台数分析】 トヨタ売れているクルマベスト10内に5車種も! スズキは軽依存から脱却を狙う!?</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/16239/" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3192/" target="_blank">トヨタ プリウス新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/2825/" target="_blank">ホンダN-BOX新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3904/" target="_blank">ダイハツ ムーヴ新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3023/" target="_blank">トヨタ アクア新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3219/" target="_blank">日産セレナ新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3853/" target="_blank">トヨタ シエンタ新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/honda/1363.html" target="_blank">ホンダ フリード新車情報</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/nissan/3099.html" target="_blank">日産ノートe-POWER新車情報・購入ガイド</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/mazda/3122.html" target="_blank">マツダCX-5新車情報・購入ガイド より洗練されたラグジュアリーSUVへ! 2017年2月発売予定!新型CX-5の価格や燃費を予想した!</a></li>
</ul></p>
<p><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1479635136-thumbnail-197-140.jpg" title="日産セレナ " alt="日産セレナ "width="197" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1479635151-thumbnail-207-140.jpg" title="トヨタ プリウス" alt="トヨタ プリウス"width="207" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1479635156-thumbnail-203-140.jpg" title="ホンダN-BOX" alt="ホンダN-BOX"width="203" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1479635161-thumbnail-210-136.jpg" title="ダイハツ ムーヴ キャンバス" alt="ダイハツ ムーヴ キャンバス"width="210" height="136" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1479635202-thumbnail-208-140.jpg" title="マツダCX-5" alt="マツダCX-5"width="208" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1479635275-thumbnail-210-135.jpg" title="スバル インプレッサ" alt="スバル インプレッサ"width="210" height="135" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1479635284-thumbnail-199-140.jpg" title="マツダ アクセラ" alt="マツダ アクセラ"width="199" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1479635330-thumbnail-204-140.jpg" title="マツダCX-3" alt="マツダCX-3"width="204" height="140" /></p><p><a href="http://www.corism.com/special/biz/3123.html" target="_blank">この記事をCORISMで読む→</a></p>  もっと...
今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年9月国内新車販売台数分析】 絶対王者「プリウス」まさかのナンバー1から陥落!! 奪取したのはあのクルマ!【特集・コラム:ビジネス・経済】
公開:
要旨: <p><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1476527164-thumbnail-400-225.jpg" title="今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年9月国内新車販売台数分析】" alt="今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年9月国内新車販売台数分析】"width="400" height="225" /></p><h3>プリウスを抑え、ナンバー1の座を奪取したのはホンダN-BOX!</h3>
<p>■2016年9月の新車販売台数 *自販連、全軽自協調べ ( )内前年同月比<br />
1)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2825/" style="text-decoration:underline" target="_blank">N-BOX系</A> ・・・・・・ 20,406台(116.9%)<br />
2)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3192/" style="text-decoration:underline" target="_blank">プリウス系</A> ・・・・・20,043台(211.7%)<br />
3)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3023/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アクア</A> ・・・・・・・15,493台( 84.5%)<br />
4)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3853/" style="text-decoration:underline" target="_blank">シエンタ</A> ・・・・・・12,290台(109.0%)<br />
5)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3210/" style="text-decoration:underline" target="_blank">タント</A> ・・・・・・・12,034台( 86.8%)<br />
6)<A HREF="http://www.corism.com/tag/11581/" style="text-decoration:underline" target="_blank">デイズ系</A> ・・・・・・10,939台( 78.9%)<br />
7)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2543/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フィット</A> ・・・・・・10,226台(119.7%)<br />
8)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4144/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴォクシー</A> ・・・・・ 9,525台(117.3%)<br />
9)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3594/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アルト</A> ・・・・・・・ 8,632台( 88.7%)<br />
10)<A HREF="http://www.corism.com/tag/11454/" style="text-decoration:underline" target="_blank">スペーシア</A> ・・・・・ 8,396台(105.4%)<br />
11)<A HREF="http://www.corism.com/tag/15418/" style="text-decoration:underline" target="_blank">N-WGN</A> ・・・・・・・・8,361台( 93.4%)<br />
12)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12647/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハスラー</A> ・・・・・・ 8,317台(108.9%)<br />
13)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12977/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴェゼル</A> ・・・・・・ 8,296台(131.5%)<br />
14)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4178/" style="text-decoration:underline" target="_blank">パッソ</A> ・・・・・・・ 8,164台(213.0%)<br />
15)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4060/" style="text-decoration:underline" target="_blank">カローラ</A> ・・・・・・ 8,117台( 82.2%)<br />
16)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3219/" style="text-decoration:underline" target="_blank">セレナ</A> ・・・・・・・ 6,488台(105.8%)<br />
17)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4562/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ワゴンR</A> ・・・・・・・6,379台( 61.7%)<br />
18)<A HREF="http://www.corism.com/tag/16859/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ムーヴキャンバス</A> ・・ 6,258台(-------)<br />
19)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4429/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ミラ系</A> ・・・・・・・ 6,002台( 73.5%)<br />
20)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3665/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ステップワゴン</A> ・・・ 6,014台(104.9%)<br />
21)<A HREF="http://www.corism.com/tag/5018/" style="text-decoration:underline" target="_blank">エクストレイル</A> ・・・ 5,959台( 85.8%)<br />
22)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4537/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴィッツ</A> ・・・・・・ 5,398台( 92.0%)<br />
23)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2929/" style="text-decoration:underline" target="_blank">デミオ</A> ・・・・・・・ 5,634台( 84.4%)<br />
24)<A HREF="http://www.corism.com/blog/24/tag/3528/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ノート</A> ・・・・・・・ 5,554台( 61.6%)<br />
25)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4143/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ノア</A> ・・・・・・・・ 5,383台(108.2%)<br />
26)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3904/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ムーヴ系</A> ・・・・・・ 5,240台( 61.7%)<br />
27)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4753/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ソリオ</A> ・・・・・・・ 5,196台(111.3%)<br />
28)<A HREF="http://www.corism.com/tag/15566/" style="text-decoration:underline" target="_blank">キャスト</A> ・・・・・・ 5,058台( 72.6%)<br />
29)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3661/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴェルファイア</A> ・・・ 4,865台(104.6%)<br />
30)<A HREF="http://www.corism.com/tag/14280/" style="text-decoration:underline" target="_blank">エスクァイア</A> ・・・・ 4,749台(100.4%)<br />
31)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4600/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アクセラ</A> ・・・・・・ 4,694台(151.6%)<br />
32)<A HREF="http://www.corism.com/tag/11584/" style="text-decoration:underline" target="_blank">eKワゴン系</A> ・・・・・ 4,315台( 82.3%)<br />
33)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2892/" style="text-decoration:underline" target="_blank">クラウン</A> ・・・・・・ 4,164台(140.9%)<br />
34)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3114/" style="text-decoration:underline" target="_blank">インプレッサ</A> ・・・・ 4,102台(103.0%)<br />
35)<A HREF="http://www.corism.com/tag/9018/" style="text-decoration:underline" target="_blank">シャトル</A> ・・・・・・ 4,079台( 65.0%)<br />
36)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3597/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アルファード</A> ・・・・ 3,881台( 85.8%)<br />
37)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12331/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハリアー</A> ・・・・・・ 3,833台( 64.0%)<br />
38)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2751/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フリード</A> ・・・・・・ 3,466台( 88.4%)<br />
39)<A HREF="http://www.corism.com/tag/14164/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ウェイク</A> ・・・・・・ 3,226台( 82.4%)<br />
40)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4030/" style="text-decoration:underline" target="_blank">エスティマ</A> ・・・・・ 3,019台(196.7%)<br />
41)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2525/" style="text-decoration:underline" target="_blank">オデッセイ</A> ・・・・・ 2,963台(246.3%)<br />
42)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12717/" style="text-decoration:underline" target="_blank">レヴォーグ</A> ・・・・・ 2,604台( 69.9%)<br />
43)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3256/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ランドクルーザー</A> ・・ 2,513台( 92.3%)<br />
44)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2607/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フォレスター</A> ・・・・ 2,190台(178.2%)<br />
45)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4076/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ピクシス系</A> ・・・・・ 2,188台(129.6%)<br />
<br />
 圧倒的な販売台数で、しばらくの間トップの座は安泰と思われていたトヨタ プリウスがまさかのナンバー1から陥落した。<br />
<br />
 プリウスからナンバー1の座を奪取したのは、ホンダN-BOXだ。N-BOXは 20,406台を売り、前年同月比116.9%と好調を維持している。ただし、N-BOXは2011年デビューで、すでにモデル末期に入っている。性能面的にも、25.6/Lという燃費値で、このクラストップのスペーシアの燃費32.0/Lと比べるとやや差が広がっている。こうした状況化の中で、これだけ好調を維持しているのは、値引き額も大きくなっていることもあるが、完全に軽自動車の定番モデルになったということかもしれない。<br />
<br />
 メーカー別乗用車では、相変わらずトヨタが好調。128,429台を売り前年同月比111.5%となった。アクアの販売台数が落ちてきたこともあり、小型車は96.1%と前年比割れとなった。<br />
<br />
 前年比80.4%と大きく落としているのが日産。期待された新型セレナが不具合発生で一時出荷停止になったことや、軽自動車のデイズ系が不調のまま。ノートも新型モデルの投入前ということもあり、61.6%と大きく落としたことが要因。10月は新型セレナが通常の販売に戻っているので期待できる。また、11月にはノートにe-POWERと呼ばれるシリーズハイブリッドが投入されるので、年末に向け日産がどこまで販売台数を伸ばせるのか注目したい。<br />
<br />
 輸入車で好調なのは、<A HREF="http://www.corism.com/blog/28/tag/63/" style="text-decoration:underline" target="_blank">BMW</A> グループ。ミニが前年同月比135.6%と絶好調で2,741台を売り、アウディに次ぐ販売台数を確保。ブランド別では5位となった。BMWも好調で6,050台を売り、前年比113.8%。BMWとミニブランドを足すと9,000台に近い販売台数になり、メルセデス・ベンツとスマートと同等の販売台数になってきている。<br />
<br />
 相変わらず<A HREF="http://www.corism.com/tag/3538/" style="text-decoration:underline" target="_blank">クリーンディーゼル</A> 不正問題の余波から抜け出せないでいるのがフォルクスワーゲン。販売台数は5,046台。前年比84.3%となった。輸入車ナンバー1から陥落後、BMWにも抜かれ3位のメーカーとなってしまった。</p>
<h3>隙なしのトヨタ勢。販売台数ベスト10内に4車種がランクイン! </h3>
<p> 前年同月比111.5%となった好調<A HREF="http://www.corism.com/blog/34/tag/2775/" style="text-decoration:underline" target="_blank">トヨタ</A> 。販売台数ベスト10内に入った車種は、プリウスにアクア、シエンタ、ヴォクシーと4台がランクイン。ベスト10に入ったモデルの内、軽自動車が5台。つまり、登録車でベスト10に入った5台の内4台がトヨタ車という圧倒的な人気を誇っている。残りの1台はホンダ フィットが意地のランクインといったところ。<br />
<br />
 10月からの下半期に入るが、トヨタの独走状態が続きそうだ。年末年式かけ、新型車やマイナーチェンジ、改良モデルが相次いで投入される。とくに注目されるのが、プリウスをベースにした<A HREF="http://www.corism.com/tag/112/" style="text-decoration:underline" target="_blank">SUV</A> である新型トヨタC-HR。すでに話題となっていて、発売直後からイッキにベスト10内に入ってきそうなモデルだ。また、プリウスに<A HREF="http://www.corism.com/tag/3407/" style="text-decoration:underline" target="_blank">PHV</A> モデルも投入される。トヨタは盤石な体制で下期を迎える。</p>
<h3>一時不具合が発生した新型セレナ。10月は期待大。そして、11月にはノートにハイブリッド車が投入される!</h3>
<p> 本来新型セレナでイッキに販売台数を伸ばしたかった<A HREF="http://www.corism.com/blog/24/tag/68/" style="text-decoration:underline" target="_blank">日産</A> だが、セレナの不具合で一時出荷停止になり、前年比80.4%と大きく落としてしまった。だが、すでに不具合は解消。10月の販売台数は期待できるはずだ。<br />
<br />
 三菱eKシリーズと姉妹車関係にあるデイズシリーズは、三菱の燃費不正問題の影響が続いており、未だ販売台数は大きく落ち込んだまま。販売台数という面では、かなりボリュームのあるモデルなので、しばらくは厳しい状況が続きそうだ。<br />
<br />
 11月以降は、日産もノートがベスト10内を狙えるクルマが登場する。<A HREF="http://www.corism.com/tag/2778/" style="text-decoration:underline" target="_blank">コンパクトカー</A> のノートが一部改良するのと同時に、e-POWERと呼ばれるシリーズハイブリッド車が投入される。圧倒的な人気を誇るアクアと対等に勝負ができる<A HREF="http://www.corism.com/blog/33/tag/70/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハイブリッド車</A> が登場することで、日産としてはフィットを抑えベスト5内には入りたいところだ。このノートのハイブリッド車とセレナで日産は年末年始にかけ販売台数を伸ばしていくはずだ。</p>
<h3>オデッセイ好調維持! 10月以降、フリードの販売台数に期待</h3>
<p> 前年比105.8%と好調なホンダ。この好調を支えているのは、N-BOXなどの<A HREF="http://www.corism.com/tag/2573/" style="text-decoration:underline" target="_blank">軽自動車</A> とヴェゼル、オデッセイだ。オデッセイは、ハイブリッドモデルが登場してから好調が続いており、前年比246.3%という数値となった。また、ステップワゴンも持ち直してきた。<br />
<br />
 ただし、小型車は苦戦中。前年比で119.7%という数値を出したフィットだが、販売台数は10,226台。アクアがハイブリッド車だけで1.5万台を売るのだから、ガソリン車も含んだフィットなら、もう少し販売台数を伸ばしておきたいところだろう。<br />
<br />
 また、フリードがフルモデルチェンジ時期ということもあり、販売台数を落としている。ただし、10月は新型に切り替わったことで、大きく販売台数を伸ばすことは確実だ。</p>
<h4>【関連記事】</h4>
<p><ul>
<li><a href="http://www.corism.com/special/biz/3091.html" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年8月国内新車販売台数分析】 トヨタ売れているクルマベスト10内に5車種も! スズキは軽依存から脱却を狙う!?</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/special/biz/3076.html" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年7月国内新車販売台数分析】 トヨタ圧勝! 血を流し続けるマツダ。9月以降に復活の兆しがみえる日産、ホンダ</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/16239/" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/2825/" target="_blank">ホンダN-BOX新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3192/" target="_blank">トヨタ プリウス新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3023/" target="_blank">トヨタ アクア新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3853/" target="_blank">トヨタ シエンタ新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3528/" target="_blank">日産ノート新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3219/" target="_blank">日産セレナ新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/2751/" target="_blank">ホンダ フリード新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/2525/" target="_blank">ホンダ オデッセイ新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/16294/" target="_blank">トヨタC-HR新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/70/" target="_blank">ハイブリッド新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3538/" target="_blank">クリーンディーゼル新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/2573/" target="_blank">軽自動車新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/2778/" target="_blank">コンパクトカー新車情報・試乗評価一覧</a></li>
</ul></p>
<p><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1476527352-thumbnail-210-114.jpg" title="トヨタC-HR" alt="トヨタC-HR"width="210" height="114" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1476528008-thumbnail-198-140.jpg" title="トヨタ プリウスPHV" alt="トヨタ プリウスPHV"width="198" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1476528133-thumbnail-210-130.jpg" title="トヨタ アクア" alt="トヨタ アクア"width="210" height="130" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1476528233-thumbnail-210-137.jpg" title="トヨタ シエンタ" alt="トヨタ シエンタ"width="210" height="137" /></p><p><a href="http://www.corism.com/special/biz/3102.html" target="_blank">この記事をCORISMで読む→</a></p>  もっと...
今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年8月国内新車販売台数分析】 トヨタ売れているクルマベスト10内に5車種も! スズキは軽依存から脱却を狙う!?【特集・コラム:ビジネス・経済】
公開:
要旨: <p><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1474363235-thumbnail-400-225.jpg" title="今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年8月国内新車販売台数分析】" alt="今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年8月国内新車販売台数分析】"width="400" height="225" /></p><h3>明暗ハッキリ! 好調メルセデス・ベンツ&BMW。不調フォルクスワーゲン&アウディ</h3>
<p>■2016年8月の新車販売台数(自販連、全軽自協調べ)<br />
1)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3192/" style="text-decoration:underline" target="_blank">プリウス系</A> ・・・・・17,504台(265.4%)<br />
2)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2825/" style="text-decoration:underline" target="_blank">N-BOX系</A> ・・・・・・ 13,276台(127.7%)<br />
3)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3023/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アクア</A> ・・・・・・・11,220台( 90.6%)<br />
4)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3210/" style="text-decoration:underline" target="_blank">タント</A> ・・・・・・・10,677台(104.8%)<br />
5)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3853/" style="text-decoration:underline" target="_blank">シエンタ</A> ・・・・・・ 9,518台(123.0%)<br />
6)<A HREF="http://www.corism.com/tag/11581/" style="text-decoration:underline" target="_blank">デイズ系</A> ・・・・・・ 7,268台( 78.8%)<br />
7)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2543/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フィット</A> ・・・・・・ 7,034台(104.0%)<br />
8)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4178/" style="text-decoration:underline" target="_blank">パッソ</A> ・・・・・・・ 6,476台(243.4%)<br />
9)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4144/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴォクシー</A> ・・・・・ 6,412台(109.6%)<br />
10)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3594/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アルト</A> ・・・・・・・ 6,297台( 83.9%)<br />
11)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4060/" style="text-decoration:underline" target="_blank">カローラ系</A> ・・・・・ 5,944台( 77.0%)<br />
12)<A HREF="http://www.corism.com/tag/11454/" style="text-decoration:underline" target="_blank">スペーシア</A> ・・・・・ 5,787台(132.1%)<br />
13)<A HREF="http://www.corism.com/blog/24/tag/3528/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ノート</A> ・・・・・・・ 5,606台( 99.5%)<br />
14)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12647/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハスラー</A> ・・・・・・ 5,637台(107.9%)<br />
15)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4562/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ワゴンR</A> ・・・・・・・5,396台( 70.8%)<br />
16)<A HREF="http://www.corism.com/tag/15418/" style="text-decoration:underline" target="_blank">N-WGN</A> ・・・・・・・・5,332台( 95.8%)<br />
17)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4537/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴィッツ</A> ・・・・・・ 5,204台(106.5%)<br />
18)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12977/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴェゼル</A> ・・・・・・ 5,066台( 99.5%)<br />
19)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3904/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ムーヴ系</A> ・・・・・・ 4,892台( 66.4%)<br />
20)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4429/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ミラ系</A> ・・・・・・・ 4,718台( 72.3%)<br />
21)<A HREF="http://www.corism.com/tag/15566/" style="text-decoration:underline" target="_blank">キャスト</A> ・・・・・・ 4,525台(-------)<br />
22)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3219/" style="text-decoration:underline" target="_blank">セレナ</A> ・・・・・・・ 4,392台(110.5%)<br />
23)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4143/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ノア</A> ・・・・・・・・ 3,964台(108.4%)<br />
24)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2929/" style="text-decoration:underline" target="_blank">デミオ</A> ・・・・・・・ 3,961台( 74.4%)<br />
25)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3661/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ヴェルファイア</A> ・・・ 3,634台(102.9%)<br />
26)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4753/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ソリオ</A> ・・・・・・・ 3,601台(130.8%)<br />
27)<A HREF="http://www.corism.com/tag/5018/" style="text-decoration:underline" target="_blank">エクストレイル</A> ・・・ 3,331台( 80.4%)<br />
28)<A HREF="http://www.corism.com/tag/14280/" style="text-decoration:underline" target="_blank">エスクァイア</A> ・・・・ 3,210台(107.9%)<br />
29)<A HREF="http://www.corism.com/tag/9018/" style="text-decoration:underline" target="_blank">シャトル</A> ・・・・・・ 3,189台( 66.8%)<br />
30)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3665/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ステップワゴン</A> ・・・ 3,159台( 76.2%)<br />
31)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3114/" style="text-decoration:underline" target="_blank">インプレッサ</A> ・・・・ 3,089台(114.4%)<br />
32)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12331/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハリアー</A> ・・・・・・ 2,855台( 68.3%)<br />
33)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3597/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アルファード</A> ・・・・ 2,814台( 82.6%)<br />
34)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4600/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アクセラ</A> ・・・・・・ 2,711台(243.8%)<br />
35)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4030/" style="text-decoration:underline" target="_blank">エスティマ</A> ・・・・・ 2,586台(295.9%)<br />
36)<A HREF="http://www.corism.com/tag/14164/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ウェイク</A> ・・・・・・ 2,512台( 98.5%)<br />
37)<A HREF="http://www.corism.com/tag/11584/" style="text-decoration:underline" target="_blank">eKワゴン系</A> ・・・・・ 2,454台(118.0%)<br />
38)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2892/" style="text-decoration:underline" target="_blank">クラウン</A> ・・・・・・ 2,155台( 89.3%)<br />
39)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2525/" style="text-decoration:underline" target="_blank">オデッセイ</A> ・・・・・ 2,134台(211.9%)<br />
40)<A HREF="http://www.corism.com/tag/2607/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フォレスター</A> ・・・・ 2,006台(136.6%)<br />
41)<A HREF="http://www.corism.com/tag/12717/" style="text-decoration:underline" target="_blank">レヴォーグ</A> ・・・・・ 1,970台( 93.9%)<br />
42)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4076/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ピクシス系</A> ・・・・・ 1,457台( 79.5%)<br />
43)<A HREF="http://www.corism.com/tag/3256/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ランドクルーザー系</A> ・ 1,705台( 85.8%)<br />
44)<A HREF="http://www.corism.com/tag/4984/" style="text-decoration:underline" target="_blank">スペイド</A> ・・・・・・ 1,619台( 88.1%)<br />
<br />
 8月もプリウス人気は衰えることをしらずといった印象で、独走状態が続いている。また、新車車種別販売台数のベスト5は、多少順位が入れ替わっているもののプリウス、アクア、シエンタのトヨタ勢に、N-BOXとタントの軽自動車が加わっている。<br />
<br />
 8月の新車販売台数ベスト10の中に、トヨタ車は5車種もランクインしており、圧倒的な強さを維持。メーカー別の乗用車販売台数では、前年同月比118.1%と非常に好調な売れ行きとなっている。<br />
<br />
 対して、大きく落としているのがホンダ。前年同月比83.3%となり、不調が続くマツダの84.2%を下回る数値となっている。ただし、ホンダは主力車種であるフリードがフルモデルチェンジ直前だったこともあり、台数を落としている。<A HREF="http://www.corism.com/tag/2751/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フリード</A> が9月にフルモデルチェンジしているので、9月以降の販売台数はイッキ伸びる可能性がある。<br />
<br />
 輸入車では、メーカー<A HREF="http://www.corism.com/tag/4133/" style="text-decoration:underline" target="_blank">フォルクスワーゲン</A> と<A HREF="http://www.corism.com/tag/3521/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アウディ</A> を除き各社好調といった状況。<A HREF="http://www.corism.com/tag/2918/" style="text-decoration:underline" target="_blank">メルセデス・ベンツ</A> が今月もトップで1位。2位にはBMWが入った。BMWは好調で115.6%という前年同月比となった。3位となったのは、フォルクスワーゲン。しかし、ディーゼル不正問題がまだ影響しているのか、前年同月比は67.0%と大きく落としている。4位は<A HREF="http://www.corism.com/tag/3521/" style="text-decoration:underline" target="_blank">アウディ</A> 。こちらも前年同比は92.9%といまひとつといった印象。5位にはミニが入っており、前年同月比は120.8%となっている。<A HREF="http://www.corism.com/blog/28/tag/63/" style="text-decoration:underline" target="_blank">BMW</A> はミニブランドを加えると、メルセデス・ベンツと同等の販売台数になってきている。</p>
<h3>スズキ、軽自動車は不調なままだが、小型車が好調。スバルの販売台数に急接近!</h3>
<p> そんな中、前年同月比145.8%という伸びを見せているのが<A HREF="http://www.corism.com/tag/2984/" style="text-decoration:underline" target="_blank">スズキ</A> 。<A HREF="http://www.corism.com/tag/2573/" style="text-decoration:underline" target="_blank">軽自動車</A> では、燃費不正問題もあり苦戦しているものの小型乗用車では、かなり好調。フルモデルチェンジのタイミングが遅れている<A HREF="http://www.corism.com/tag/4549/" style="text-decoration:underline" target="_blank">スイフト</A> がランキング外になったものの、ソリオが好調で15位となった。また、ランキング外だが、<A HREF="http://www.corism.com/tag/15900/" style="text-decoration:underline" target="_blank">イグニス</A> も好調。着実に小型乗用車でも、存在感をアピールしている。<br />
<br />
 そのスズキの1〜8月の累計販売台数は、約7.1万台。この数値は、スバルの約7.9万台に迫ってきているほどだ。<A HREF="http://www.corism.com/tag/2603/" style="text-decoration:underline" target="_blank">スバル</A> もこの秋にインプレッサをフルモデルチェンジし、スズキを突き放しにかかる。</p>
<h3>ノート先月の6位から13位へ大きくポジションダウン。新型セレナは9月の販売は不透明感あり、10月に期待?</h3>
<p> 7月のランキングでは、6位という好位置についていた日産ノート。しかし、8月はベスト10内から陥落し13位に順位を落とした。前年同月比も96.5%と低迷。これは、新型セレナが登場したことにより、セールスパワーがセレナに集中したことによるものと思われる。11月頃には、ノートに新モデルが登場する予定なので、こちらも楽しみだ。<br />
<br />
 新型セレナは、8月後半にデビューしたのにもかかわらず4,392台を売り、前年同月比110.5%となった。新型セレナのスタートは好調のように見えるが、9月の販売台数は不透明な部分がある。新型セレナは、9月に入りアイドリングストップ関連の不具合が発覚し出荷が停止された。この問題がいつ解決するかで9月の登録台数は大きく変動する。バックオーダーは大量にあるだけに、日産にとってスタートダッシュでつまずいた格好だ。<br />
</p>
<h3>トヨタ ミニバン三姉妹好調! ステップワゴンは一人負けと対照的な状況に</h3>
<p> <A HREF="http://www.corism.com/blog/34/tag/2775/" style="text-decoration:underline" target="_blank">トヨタ</A> の<A HREF="http://www.corism.com/tag/2749/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ミニバン</A> 三姉妹が、そろって好調だ。ヴォクシーが最も売れ6,412台となり前年同月比は109.6%。ノアは3,964台で108.4%。エスクァイアは、3,210台で107.9%となった。どのモデルも大きく前年同月比を超えたセールスを記録している。<br />
<br />
 これは、7月末に新型セレナ対策で、ややお買い得な特別仕様車が投入されたことが大きな要因。さらに、8月前半は、セレナが新型に切り替わる直前ということもあり、売るクルマが無かったこともあり、需要がトヨタミニバン三姉妹に流れたと予想できる。また、セレナは新型車ということもあり値引きは基本ゼロ。対して、トヨタミニバン三姉妹は一定の値引きが出るため、支払額で有利になったことも要因のひとつだろう。<br />
<br />
 そんなトヨタミニバン三姉妹と対照的なのが、ホンダ ステップワゴン。3,159を売り前年同月比は76.2%となった。ステップワゴンは、昨年4月にフルモデルチェンジしたばかり。本来ならば、セレナ不在の時期だったこともり、もう少し販売台数を伸ばしたいところだ。7月は14位だったのに対して、8月は19位と順位を下げた。フリードのフルモデルチェンジを直前に控え、セールスパワーがフリードの先行受注に傾き過ぎたのもステップワゴンが売れなかった理由のひとつと推測できる。対してオデッセイは好調。前年同月比211.9%となり、<A HREF="http://www.corism.com/tag/70/" style="text-decoration:underline" target="_blank">ハイブリッド</A> 車が追加された効果が持続している。</p>
<h4>【関連記事】</h4>
<p><ul>
<li><a href="http://www.corism.com/special/biz/3076.html" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年7月国内新車販売台数分析】 トヨタ圧勝! 血を流し続けるマツダ。9月以降に復活の兆しがみえる日産、ホンダ</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/special/biz/3058.html" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年6月国内新車販売台数分析】 セレナ、フルモデルチェンジ直前にまさかの大幅販売増の謎! 不調続くマツダに対して好調のトヨタ</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/11016/" target="_blank">新車販売台数ランキング一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/daihatsu/3090.html" target="_blank">ダイハツ ムーヴ キャンバス新車情報・購入ガイド カワイイ上に使い勝手抜群! その上、お買い得感あり!?</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/honda/1363.html" target="_blank">ホンダ フリード/フリード+(プラス)新車情報・購入ガイド フリードスパイクはフリード+(プラス)へ車名変更! ハイブリッドの燃費は27.2/Lとクラストップレベル。歩行者検知式自動ブレーキ「ホンダセンシング」を用意するも、全車標準装備化ならず</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/review/toyota/3087.html" target="_blank">トヨタ プリウスPHV試乗記・評価 走りもルックスも、プリウスとはまったく違う!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/nissan/680.html" target="_blank">日産セレナ新車情報・購入ガイド 自動運転技術を使った運転支援機能「プロパイロット」日産車初搭載! 新型セレナハイブリッドは、1年遅れか?</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/nissan/3082.html" target="_blank">日産GT-Rニスモ(NISMO)新車情報・購入ガイド GT-Rニスモも大幅値上げの謎!?</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/honda/3081.html" target="_blank">ホンダNSX新車情報・購入ガイド 新たなスーパースポーツカー像を提案する3モータースポーツハイブリッドSH-AWDを搭載! 価格は驚きの2,370万円!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/toyota/2857.html" target="_blank"> トヨタC-HR新車情報・購入ガイド ジュネーブショー出展車 プリウスのハイブリッドシステムを搭載したSUV。1.2Lターボもあり! 燃費は35.0/L前後、価格は290万円前後と予想。日本での発表・発売日は、2016年秋から冬か?</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/70/" target="_blank">ハイブリッド車新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3538/" target="_blank">クリーンディーゼル車新車情報・試乗評価一覧</a></li>
</ul></p>
<p><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1474363438-thumbnail-198-140.jpg" title="トヨタ プリウスPHV" alt="トヨタ プリウスPHV"width="198" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1474363442-thumbnail-203-140.jpg" title="ホンダ N-BOX" alt="ホンダ N-BOX"width="203" height="140" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1474363448-thumbnail-210-130.jpg" title="トヨタ アクア" alt="トヨタ アクア"width="210" height="130" /><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1474363452-thumbnail-210-99.png" title="ダイハツ タント" alt="ダイハツ タント"width="210" height="99" /></p><p><a href="http://www.corism.com/special/biz/3091.html" target="_blank">この記事をCORISMで読む→</a></p>  もっと...
今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年7月国内新車販売台数分析】 トヨタ圧勝! 血を流し続けるマツダ。9月以降に復活の兆しがみえる日産、ホンダ【特集・コラム:ビジネス・経済】
公開:
要旨: <p><img src="http://www.corism.com/files/node_2016/1471247453-thumbnail-400-225.jpg" title="今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年7月国内新車販売台数分析】" alt="今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年7月国内新車販売台数分析】"width="400" height="225" /></p><h3>トヨタハイブリッド車人気で、一人勝ち状態続く</h3>
<p>■2016年7月の新車販売台数(自販連、全軽協調べ)()内前年同月比<br />
1)プリウス系・・・・・・・ 27,988台(297.1%)<br />
2)アクア・・・・・・・・・ 15,748台( 88.9%)<br />
3)N-BOX系・・・・・・・・・13,023台(109.6%)<br />
4)タント・・・・・・・・・ 12,790台(109.3%)<br />
5)シエンタ・・・・・・・・ 10,944台(148.4%)<br />
6)ノート・・・・・・・・・・9,711台(102.1%)<br />
7)フィット・・・・・・・・・9,592台( 83.7%)<br />
8)パッソ・・・・・・・・・・8,889台(217.9%)<br />
9)カローラ系・・・・・・・・8,679台( 71.8%)<br />
10)ヴィッツ・・・・・・・・・8,569台(106.5%)<br />
11)アルト系・・・・・・・・・7,680台( 84.1%)<br />
12)ヴォクシー・・・・・・・・7,644台( 88.8%)<br />
13)デイズ系・・・・・・・・・7,521台( 68.3%)<br />
14)ムーヴ系・・・・・・・・・7,117台( 80.7%)<br />
15)ワゴンR・・・・・・・・・ 6,969台( 62.6%)<br />
16)スペーシア・・・・・・・・6,768台(134.2%)<br />
17)ハスラー・・・・・・・・・6,710台( 89.7%)<br />
18)ヴェゼル・・・・・・・・・6,295台(108.3%)<br />
19)N-WGN・・・・・・・・・・ 6,155台(101.6%)<br />
20)ミラ系・・・・・・・・・・5,988台( 80.8%)<br />
21)キャスト・・・・・・・・・5,415台(-------)<br />
22)シャトル・・・・・・・・・4,933台(110.8%)<br />
23)デミオ・・・・・・・・・・4,638台( 69.2%)<br />
24)ノア・・・・・・・・・・・4,497台( 85.5%)<br />
25)ステップワゴン・・・・・・4,370台( 65.4%)<br />
26)エスクァイア・・・・・・・4,177台( 91.6%)<br />
27)エクストレイル・・・・・・4,118台( 70.0%)<br />
28)ソリオ・・・・・・・・・・4,053台(169.4%)<br />
29)ヴェルファイア・・・・・・3,738台( 64.7%)<br />
30)インプレッサ・・・・・・・3,403台( 72.4%)<br />
31)ハリアー・・・・・・・・・3,340台( 63.6%)<br />
32)アクセラ・・・・・・・・・3,216台(176.8%)<br />
33)エスティマ・・・・・・・・3,087台(211.4%)<br />
34)アルファード・・・・・・・3,038台( 60.4%)<br />
35)クラウン・・・・・・・・・2,976台( 91.2%)<br />
36)オデッセイ・・・・・・・・2,923台(216.5%)<br />
37)ウェイク・・・・・・・・・2,888台(-------)<br />
38)eKワゴン系・・・・・・・・2,641台( 84.5%)<br />
39)イグニス・・・・・・・・・2,410台(-------)<br />
40)ランドクルーザーW ・・・・2,141台( 82.4%)<br />
<br />
 相変わらず新型プリウス人気は衰えることを知らず、7月の販売台数は約2.8万台となり1位を獲得。2位の<br />
アクアが約1.6万台なので、1.2万台もの大差を付けている状況だ。<br />
<br />
 こうしたハイブリッド車人気に後押しされ、小型・普通車の販売台数はトヨタの一人勝ち状態で、約13万台を売り、前年同月比111.5%となっている。ホンダは87.0%、日産は80.7%、マツダは73.8%、81.7%となった。トヨタは、人気のハイブリッド車をベースに、着々とハイブリッド王国を築き上げている。</p>
<h3>アクセラが大幅改良したもののマツダの不振続く。不調の理由は、販売改革?</h3>
<p> マツダの不振ぶりは今月も変わらない。7月はアクセラが大幅改良したこともあり、やや販売台数は持ち直し、6月の前年同月比54.8%から73.8%へとアップした。しかし、デミオの販売台数減は非常に厳しい状況。7月の販売台数は、4,638台で69.2%となっている。デミオは、ハイブリッド車にも負けない燃料経済性をもつクリーンディーゼルエンジンを搭載し、またガソリン車もラインアップする。しかし、ガソリン車しかないトヨタ ヴィッツの半分程度の台数しか売れていない。<br />
<br />
 これは、クルマの良し悪しというよりは、価格が高額な上に値引きがゼロであるという営業的なことが原因。こうした状態をマツダも十分認識している。それでも、以前のように大幅値引きや価格の安さで売ることを頑なに拒否し続けている。その理由は、ブランド力の向上だ。顧客により満足度の高いクルマを送り届けることを使命として、従来の値引きと安価な価格で売る路線から脱却を図っている最中だ。今、マツダは血を流し続けて、新しく生まれ変わるための痛みを我慢している。<br />
<br />
 一般的に自社保有(顧客)からの乗り換えが、最も容易に自銘柄へ乗り換えが進む。そのため、営業面からみれば、自社保有を減らしたくない。ところが、現在の営業戦略では従来からいた大幅値引きと安い価格というニーズをもった顧客が多く存在する。今の営業戦略では、そうした顧客とのマッチングが悪く、他社へ流出している状況だ。自社保有を減らすことは、自らの血を流し続けていることになる。流し続けている値に対して、現在のマツダは、優れたプロダクトとより、マツダに対して高いロイヤリティをもつ顧客という新しい血を輸血している状況だ。ロイヤリティの高い顧客は、次の乗り換え時にもマツダから離れる可能性がより低くなり、永続的な顧客になる。<br />
<br />
 また、値引きゼロ販売と高めの価格による利益率のアップにより、マツダのディーラーは従来通り以上の利益が出ているとも言われており、非常に厳しい販売状況でも経営は成り立っているという。<br />
<br />
 値引きが基本となっている現在の新車販売において、こうした取り組みは一定の評価ができる。値引き販売は、顧客によって値引き額が異なり、得する顧客と損する顧客を生み出す。そうした視点から見れば、マツダの売り方は間違ってはいない。どこまでこうした営業戦略が貫き通せるのか注目だ。</p>
<h3>ホンダ復活は9月以降か? 新型フリードに期待!</h3>
<p> 7月の販売台数で、3位に入っているのがホンダN-BOX。2011年に発売されたモデルでモデル末期状態。燃費や安全装備もライバル車が勝る中、非常に安定し売れ行きを見せている。<br />
<br />
 ただ、ホンダの軽自動車販売は、N-BOXの1本足打法のようなもの。N-BOXが崩れると、イッキに販売台数が低迷する。N-BOXの次に売れているホンダの軽自動車はN-WGNなのだが、販売台数はN-BOXの半分程度。せめて、N-WGNと同等程度売れる軽自動車がもう1台欲しいところだ。<br />
<br />
 少々厳しい状況が続くホンダだが、9月以降の後半戦は期待できる。直接販売台数に影響はしないものの、スーパーカーであるNSXが8月25日に登場する。話題になることで、集客のきっかけになるだろう。そして、本命は9月16日発表予定の新型フリード。5位にランクされているシエンタのライバル車だ。1万台前後販売するシエンタなので、新型フリードも同様な販売台数になる可能性が高く、2016年度後半戦で注目の1台となることは確実だ。</p>
<h3>日産主力セレナがフルモデルチェンジ直前で売れず大きく落とすも、ノートが好調!</h3>
<p> 日産は前年同月比80.7%と大きく落とした。その要因はセレナだ。8月24日にフルモデルチェンジするため、7月は完全に売るクルマが無い状態だったからだ。逆に、9月以降はフルモデルチェンジしたセレナが爆発的に売れることが予想できるので、2016年度後半のスタートダッシュをきめてくるだろう。<br />
<br />
 セレナが売れない状況下で、日産の営業はノートの販売に力を入れていたようだ。価格はやや高いノートだが、このクラスでは珍しい歩行者検知式の自動ブレーキが標準装備されているのもライバル車と差別化で来ている点で高く評価されている。そうしたこともあり、ノートは102.1%と好調を維持している。<br />
<br />
 日産の国内販売は、ノートとセレナ、エクストレイルの3台が支えている状況。そのため、その3本柱が崩れると大きく販売数が落ちる傾向が強い。</p>
<h3>インプレッサのフルモデルチェンジまで厳しい戦いが続くスバル</h3>
<p> スバルも前年同月比81.7%と大きく落とした。要因は、インプレッサがフルモデルチェンジ直前で、新型が公開されてることだ。ただ、インプレッサのフルモデルチェンジは10月頃とのことなので、8-9月と厳しい戦いが強いられる。<br />
<br />
 小型・普通車のランキングベスト30に入っている車種はインプレッサのみ。ここが落ちると、全体が落ちる状況。ワゴンのレヴォーグもクルマとしては高評価されているものの、やや高価なこともありランキング入りができていない。</p>
<h3>軽自動車、明暗クッキリ! 好調ダイハツと不調のスズキ。スズキは小型車が好調!</h3>
<p> スズキは、燃費不正の影響を受けて軽自動車全体では86.7%と不調が続いている。とくに、主力モデルであるワゴンRが62.6%と大きく落とした。<br />
<br />
 軽自動車の不調に対して、小型車は好調だ。新型車ではないものの、とくに好調なのがソリオ。約4千台を売り前年同月比169.4%としている。<br />
<br />
 また、コンパクトカーで新型のイグニスが好調で2,410台を売った。スズキの小型車はソリオにスイフトの2本柱だったが、このイグニスが着実に成長しており3本目の柱となりそうだ。<br />
<br />
 好調なのがダイハツ。タントは約1.3万台を売り、前年同月比109.3%とし安定した売れ行きをみせている。軽乗用車では、スズキやホンダを抑え111.0%としライバルに大きな差をつけている。9月には新型車が投入される予定なので、ダイハツの好調な販売はしばらく続きそうだ。</p>
<h4>【関連記事】</h4>
<p><ul>
<li><a href="http://www.corism.com/special/biz/3058.html" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年6月国内新車販売台数分析】 セレナ、フルモデルチェンジ直前にまさかの大幅販売増の謎! 不調続くマツダに対して好調のトヨタ</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/special/biz/3045.html" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング【2016年5月国内新車販売台数分析】 トヨタ アクア、ベスト3から陥落! 2〜4位は大激戦</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/special/biz/3020.html" target="_blank">今、一番売れている人気クルマ ランキング?【2016年4月国内新車販売台数分析】 プリウス&アクア人気にかげり無し!?</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/11016/" target="_blank">新車販売台数ランキング一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/honda/1363.html" target="_blank">【動画・画像追加】9月16日発売!? 新型ホンダ フリード/フリードハイブリッド新車情報・購入ガイド フリードスパイクはフリード+(プラス)へ車名変更!1.0Lターボの搭載は無し! 1.5Lとハイブリッドの2タイプが用意! ライバル、シエンタに待ったをかける新型フリード、ついに先行公開! 燃費・価格を予想した!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/nissan/680.html" target="_blank">【動画追加】新型日産セレナ新車情報・購入ガイド 新型セレナ、8月末発売開始!? 自動運転技術「プロパイロット」日産車初搭載! セレナハイブリッドは、1年遅れか? 燃費や価格を予想した</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/toyota/2987.html" target="_blank">新型トヨタ プリウスPHV新車情報・購入ガイド もはや、プリウスとは別物となったPHV! 米国名プリウス プライム、2016年秋日本デビュー!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/news/toyota/2857.html" target="_blank">動画追加! トヨタC-HR新車情報・購入ガイド ジュネーブショー出展車 プリウスのハイブリッドシステムを搭載したSUV。1.2Lターボもあり! 燃費は35.0/L前後、価格は290万円前後と予想。日本での発表・発売日は、2016年秋から冬か?</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/review/honda/2891.html" target="_blank">ホンダNSX プロトタイプ試乗記・評価 8月25日発表決定! 価格は2,000万円オーバー!? 3モーターハイブリッド+3.5Lツインターボで573馬力! その走りのパフォーマンスが明らかに!</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3192/" target="_blank">トヨタ プリウス新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/2825/" target="_blank">ホンダN-BOX新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3023/" target="_blank">トヨタ アクア新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3210/" target="_blank">ダイハツ タント新車情報・試乗評価一覧</a></li>
<li><a href="http://www.corism.com/tag/3853/" target="_blank">トヨタ シエンタ新車情報・試乗評価一覧</a></li>
</ul></p>
<p><a href="http://www.corism.com/special/biz/3076.html" target="_blank">この記事をCORISMで読む→</a></p>  もっと...
広告

TOPユーザー登録検索登録リコール情報お問い合わせ

Copyright(c) 1999-2012 CAR SEARCH ENGINE All Rights Reserved.